1万9000号 ありがとうございます

「桐生タイムス」はきょう4日付で通巻「1万9000号」を達成いたしました。 詳細 »

「ウィークリー両毛」ありがとう 1周年

ウィークリー両毛はこの6月で創刊1周年を迎えました。「足利・桐生26万人の情報キャッチボール」をコンセプトに、足利市民の活躍を中心に、徹底した自社取材を基にレポートしてまいりました。号を重ねるごとに増す励ましの声に背中を押され、紙齢は40号を超えました。 詳細 »

生糸がつなぐ、関東夏の旅 観光ガイド盛夏号発行

 県紙「神奈川新聞」を発行する神奈川新聞社(横浜市中区、並木裕之社長)と桐生タイムス社(木村洋一社長)は15日、協業第2弾として北関東と首都圏・横浜エリアをつなぐタブロイドサイズの観光情報紙「観光ガイド2016盛夏号」を発行しました。 詳細 »

満開のコマクサに歓声 本社「草津白根山ツアー」

桐生タイムス社は18日、読者向けハイキングツアー「ロープウェイとリフトで登る コマクサの草津本白根山」を開き、約70人の参加者が満開のコマクサに彩られた草津白根山(標高2171メートル)の散策を楽しんだ。 詳細 »

ケアサポートガイド2016を発行

桐生タイムス社は介護情報紙「ケアサポートガイド2016」を発行しました。タブロイド判20頁建て。発行部数は6万部です。 詳細 »

 

江戸期の参詣路復活へ、根本山登山道

 初めて来る祝日「山の日」を前に、江戸時代から信仰の山として盛んに参詣された根本山(1199メートル)の古道、沢コースを復活させようと、23日に有志が整備活動に汗を流した。登山道をふさぐ倒木を切り払ったり、迷いやすい箇所に道標を設置したり。山の日当日の8月11日には、山頂にも「根本山」の標を立てることにしている。

ながらスマホでポケモン“NO”、事故防止へ急きょ啓発

 スマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO(ゴー)」の大流行を受け、徒歩や運転中の「ながらスマホ」による事故を防ごうと、桐生警察署は26日、桐生、みどり両市の主要4駅で注意喚起の啓発活動を行った。

青春の記録

 「スタンドにレンズを向けないでください」。熱戦が続く高校野球を取材する中、高野連の先生から注意を受けた。敷島球場では応援席の一段下にあるエキサイティングシートから応援席の撮影は禁止という。報道のパスを示すが「一般の人には違いが分からないから。それにいまは『報道の人だから』では納得しない人がいるんだ」と苦笑いを浮かべる▼グラウンド以上に個性豊かな応援席。見ているだけでも楽しいが、樹徳の応援などは「踊らな損々」という阿波踊りと同じ気持ちになってくる。あくまで主役はグラウンドで白球を追う選手だが、応援もすでに高校野球の一部。記者としてはその熱気を伝えたいわけだが、応援団の華であるチアリーダーの盗撮が後を絶たないのだそうだ▼野球そっちのけでチアにカメラを向け、中には寝っころがって撮る人や注意しても「芸術だ」と言い張る人も。警察官を呼ぶ事態もあったそうで「応援の撮影全面禁止という話も出てくるかもしれない」と話す▼確かに「許可制」にするとしても、どこで線を引くのか難しい。が、家族まで撮影できなくなったら息苦しい▼だれもが撮影し、発信できる時代。「報道」の意味についても考えさせられた。(野)

新しいゲームと時代

 ポケモンGOというゲームが流行している。

ポケモンGO、まちへ 桐生・みどりでも盛り上がり

 22日に国内での配信が始まったスマートフォン向けのゲームアプリ「ポケモンGO(ゴー)」。全国的な盛り上がりを見せる中、23、24日の週末は、桐生みどり地区の商店街や社寺境内、大学キャンパスなどでも、スマホを片手にポケモンやアイテム探しに熱中する人びとの姿が目についた。