1万9000号 ありがとうございます

「桐生タイムス」はきょう4日付で通巻「1万9000号」を達成いたしました。 詳細 »

「ウィークリー両毛」ありがとう 1周年

ウィークリー両毛はこの6月で創刊1周年を迎えました。「足利・桐生26万人の情報キャッチボール」をコンセプトに、足利市民の活躍を中心に、徹底した自社取材を基にレポートしてまいりました。号を重ねるごとに増す励ましの声に背中を押され、紙齢は40号を超えました。 詳細 »

生糸がつなぐ、関東夏の旅 観光ガイド盛夏号発行

 県紙「神奈川新聞」を発行する神奈川新聞社(横浜市中区、並木裕之社長)と桐生タイムス社(木村洋一社長)は15日、協業第2弾として北関東と首都圏・横浜エリアをつなぐタブロイドサイズの観光情報紙「観光ガイド2016盛夏号」を発行しました。 詳細 »

満開のコマクサに歓声 本社「草津白根山ツアー」

桐生タイムス社は18日、読者向けハイキングツアー「ロープウェイとリフトで登る コマクサの草津本白根山」を開き、約70人の参加者が満開のコマクサに彩られた草津白根山(標高2171メートル)の散策を楽しんだ。 詳細 »

ケアサポートガイド2016を発行

桐生タイムス社は介護情報紙「ケアサポートガイド2016」を発行しました。タブロイド判20頁建て。発行部数は6万部です。 詳細 »

 

‘16夏総決算、商戦苦戦、レジャー好調

 台風10号の通過とともに、吹く風にも涼しさが加わり、季節の秋への移ろいが感じられ始めた。この夏は梅雨明けが長引いたため、商戦が出だしにつまづいて苦戦気味だった半面、桐生市内のレジャー関連施設はおおむね好調だった。8月中に台風の本土上陸が相次いだ影響で、農作物の不作と価格高騰が懸念されている。

ウッドカーチャンピオンシップ、4日に初の単独開催

 桐生産スギ材の木製ミニカーを組み立て、コースを走らせるワークショップ「ウッドカーチャンピオンシップ!桐生チャレンジカップ」が9月4日午前11時~午後5時、本町二丁目の有鄰館煉瓦蔵で開かれる。これまで有鄰館まつりやクラシックカーフェスティバルの参加行事だったが、今回は初の単独開催。主催の「木のおもちゃ うく・ぬーた」の代表、藤信規之さん(47)は、「木に親しんで、物づくりの楽しさを感じてもらえたら」と話している。

「後半」こそ

 桐生地域の学校の卒業生が開く同窓会の話題がときどき本紙に載る。恩師を囲んでの記念写真は、学んだほうも、教えたほうも宝物に違いない▼先日も40代前半の世代が4年ごとに企画しているというある中学校の同窓会の記事があった。五輪開催年ごとに開いているそうで、定期的に開くのならそうしたやり方があるのかと感心した。もちろん驚くことではないが、自分は小・中学校の同窓会はほとんど出たことがないため、「じゃあ、またね。次は○○五輪の年に会おうね」というやり方があることが新鮮に感じられた▼同窓会よりはるかに小さい、高校時代の部活仲間との「同級会」が先日あった。居酒屋で男ばかり7人。50代半ば。20年以上顔を合わせていなかった友人もいた。約2時間半。懐かしい昔話よりも、それぞれの仕事の話、子どもの学校、就職、結婚、老親の介護などの話題が多かった。他の同級生の消息も話題になり、自分以外の人生に少しばかり接し、酔った頭で自分のそれを振り返った▼平均寿命の折り返し点を過ぎたかと思っていたが、「まだまだこれからだ」「後半戦こそ本番だ」という意欲もかきたてられた。たまに、昔の仲間と会うのはいい。(な)

桐商1年・中原聖乃さん、初の日本代表入り ドッジボール女子

 桐生市立商業高校1年の中原聖乃(きよの)さん(16)=桐生市広沢町六丁目=が、ドッジボール女子の日本代表に初選出された。日本ドッジボール協会が派遣する国際大会「第3回アジアカップ」(11月25~28日、香港)の遠征メンバーに入ったもので、桐生地区からの日本代表入りは初めて。中原さんは「ドッジボールを続けてきて良かった。自分が持っているものを全部出し切って少しでもチームに貢献したい」と意気込んでいる。

桐西高和太鼓部、初の定期演奏会 創部11代目での晴れ舞台

 県立桐生西高校の和太鼓部(田畑咲花=さきか=部長、部員16人、小堀敬顧問)が、初めての定期演奏会を開催する。創部して11代目での晴れ舞台に、部員たちは夏休み返上で練習に汗した。「一人一人個性ある打ち方で、しっかりまとまります。地域や保護者、先生たちに感謝を込めてたたくので、和太鼓の楽しさを体で感じてほしい」と田畑部長。9月4日午後1時開演、会場は桐生市立中央公民館市民ホール、入場無料。