カテゴリー別記事: お知らせ

生糸がつなぐ、関東夏の旅 観光ガイド盛夏号発行

 県紙「神奈川新聞」を発行する神奈川新聞社(横浜市中区、並木裕之社長)と桐生タイムス社(木村洋一社長)は15日、協業第2弾として北関東と首都圏・横浜エリアをつなぐタブロイドサイズの観光情報紙「観光ガイド2016盛夏号」を発行しました。

満開のコマクサに歓声 本社「草津白根山ツアー」

桐生タイムス社は18日、読者向けハイキングツアー「ロープウェイとリフトで登る コマクサの草津本白根山」を開き、約70人の参加者が満開のコマクサに彩られた草津白根山(標高2171メートル)の散策を楽しんだ。

地域随一の介護情報紙、2016年版を発行

両毛各市で無料配布

桐生タイムス社は介護情報紙「ケアサポートガイド2016」を発行しました。タブロイド判20ページ建て。

1万9000号 ありがとうございます

「桐生タイムス」はきょう4日付で通巻「1万9000号」を達成いたしました。

1945(昭和20)年12月10日の創刊以来、中立・公正をモットーに市民とともに歩み、考える地域紙として発行を続け、昨年は70周年の節目を迎えることができました。これもひとえに読者のみなさまのおかげです。

日ごろのご愛顧に感謝するとともに、これからも社員一同、よりよい地域づくりに貢献できる、よりよい紙面づくりを心がけてまいります。

今後ともよろしくお願いいたします。

桐生タイムス社

ありがとう 1周年

ウィークリー両毛はこの6月で創刊1周年を迎えました。

「足利・桐生26万人の情報キャッチボール」をコンセプトに、足利市民の活躍を中心に、徹底した自社取材を基にレポートしてまいりました。号を重ねるごとに増す励ましの声に背中を押され、紙齢は40号を超えました。

両毛地域に人が行き交い、出会うきっかけとなる情報をこれからも発信してまいります。

今後ともご愛読くださいますようお願い申し上げます。

ウィークリー両毛