カテゴリー別記事: 論説

ふと考えさせられた光景

 まちなかで出合ったその光景は、似た場面は何度も目にしていても、心で見ていなかったのだと気づかされた一例である。

観察から生まれる

 今年のノーベル医学・生理学賞の受賞者に、東京工業大学栄誉教授の大隅良典さん(71)が選ばれた。細胞が、内部で不要になったたんぱく質などを分解する「オートファジー(自食作用)」という仕組みについて研究し、解明した。そのことが高く評価されたのだという。

TPPを見定めていく視点

 岩手県一関市の山間地で稲作に取り組んでいる。10年目を迎えた今年も無事に刈り取りを済ませ、稲架掛けを終えた。

自動運転の実験が始まる

 人工知能の技術開発が進む中、群馬大学は10月半ばから、桐生キャンパス周辺の公道を使って自動車の自動運転の実証実験を開始すると発表した。

豊洲市場は他山の石

 私たちは、自分が所属する仲間や地域や組織が名指しで批判されれば、決していい気持ちはしない。指摘される要因に思いめぐらし、ときに反論し、襟を正そうともする。こういう態度を世間的な常識と考えるのだ。