カテゴリー別記事: 論説

22日は衆院選の投票日

 22日は衆議院議員選挙の投票日である。憲法9条の改正問題、原発のこと、北朝鮮のこと。そして社会保障や教育、経済政策や増税をどうするか。山積みとなっている重要課題を、加計問題や森友問題という一強のひずみを抱えたままの与党に委ねるのか、それとも、多くが未知数の野党に託すのか。一票の行使に悩む総選挙である。

地域の中のコンビニ

 前橋の知人からこんな話を聞いた。しばらく前のことだが、前橋市内のある地域で、市が管理する空き地の利用法について行政側が地域住民に意見を求めた。出てきた要望の中で最も大きかったのは、コンビニエンスストアを求める声だった。

メード・イン・ジャパン

 「メード・イン・ジャパン」を信頼する知人は食料品や必需品は安心と長持ちを優先し、多少値段が高くても国産品から選んでいる。ただ、品定めにはいたって慎重を期す。最近はそうした国産品の中にも仕上げの雑な製品があったりするからだ。

忘れずにいること

 日々の暮らしの中で触れる情報の量が多すぎるせいなのか、新しい問いが投げかけられるたびに、表層の記憶は更新され、前の問いは謎を抱えたまま下層へと押しやられてしまう。

つながれる心、その後

 9月15日付当欄でふれた「カスリーン台風70年、つながれる心」にはその後、被災の体験を現代にしっかりと受け継いできた人びとからの反響があった。