カテゴリー別記事: 論説

技の価値観と生活観

 東京都の都電の敷石を銀座の舗道に再加工したのはみどり市東町の石材業者たちである。

社会で支えるという意識

 子ども食堂や学習支援といった取り組みが生まれている。

重大インシデントの教訓

 深刻な危険事案「重大インシデント」に認定された東海道新幹線博多発東京行き「のぞみ34号」のトラブルは、いつもと違う状況に乗務員も乗客も気づいていたのに、列車停止の判断ができぬまま、名古屋駅まで走らせてしまったという話である。

立ち止まることの難しさ

 堀辰雄の小説「風立ちぬ」のタイトルは、フランスの作家で評論家のポール・バレリーの詩「海辺の墓地」の一節、「風立ちぬ、いざ生きめやも」からの引用である。大学時代、この詩集を手元に置いていたのだが、ひょんなことで後輩に譲ってしまい、読み返したいときにしまったと思った記憶がある。

ホッとする気持ちの貯金

 横断歩道の端に立って車の流れを見ているだけでは、なかなか車は止まってくれない。歩行者の立場になってみればすぐにわかるが、おおむねこれが私たちのまちの交通事情である。