カテゴリー別記事: 論説

GDPに表れない価値

 未来創生塾に参加している桐生みどり地域の子どもたちが、渡良瀬川で河川清掃とヤマメの稚魚放流をした。これには山田製作所の社員有志も参加し、一緒にごみを拾ったり、放流活動を手助けするなど、せっせと体を動かし、汗を流していた。

価値観の共存をめざす

 28日は桐生市の春の市民一斉清掃である。家の周りや地域の道端、空き地などで、朝早くから各町会が、のびた草の刈り取りや、ごみ集めに精を出す。

小さなマーケットの魅力

 先日、いくつかのフリーマーケットを訪ねた。規模の差こそあれ、限られた空間に売り場が並び、個人が手づくりした雑貨類や、すでに生産されていない懐かしい品々が、小さな店先を彩る。品物の陳列の仕方や店の装いなどに、店主のこまやかなこだわりが見え、味わいがある。あいさつを交わしながら、店を巡る楽しさに浸った。

つないでくれる人々

 「駅のどこかに点字があっても視覚障害者にはそこに点字があることはわからない。どんな本が読みたいですかと言われても、どんな本があるか、私たちにはわからないんですよ」

民意とはなんだろう

 昨年から今年にかけて、いくつかの国で大統領選が行われた。結果についてはすでに知るところだが、おもしろいのはその選び方、選挙方法である。1人1票という多数決の原則に変わりはないのだが、一口に多数決といっても、国によってさまざまな仕掛けが施されている。