カテゴリー別記事: 地域のニュース

境橋の架け替え明記、渡良瀬川整備計画の原案公表

 国土交通省は16日までに、同省が管轄する渡良瀬川流域の河川整備計画の原案を公表した。今後30年間に行うべき治水対策などを示したもので、桐生地区では桐生市内8カ所の渡良瀬川・桐生川堤防整備や、桐生川に架かる県道桐生岩舟線の「境橋」(同市境野町七丁目|足利市小俣町)の架け替えなどを盛り込んだ。同省は同原案への意見募集(パブリックコメント、9月5日まで)と、9月3、4日に行う公聴会の公述人募集を始めた。

8月日照、平年の4割 桐生地方

 桐生地方は8月も日照時間の少ない日が続いている。桐生市では前半の15日間でアメダス観測史上3番目に少ない計約33時間、平年(計82時間)の約4割。この状態は少なくても今週末まで続く見込みで、前橋地方気象台は「日照不足に関する気象情報」を発表して農作物の管理などに注意を呼びかけている。

“最後の世代”の被爆者として、責任と呪縛に今も葛藤

 あす15日、72回目の「終戦の日」を迎える。生まれ故郷の長崎で被爆し、桐生地区に暮らす佐藤博さん(77)=仮名=。戦争体験者の高齢化が進む中で、被爆体験を語り継ぐ責任を感じる一方、子や孫への健康被害や差別の不安から、被爆者であることを周囲に伝えずにいる。「被爆体験を語れる〝最後の世代〟。その責任は感じるが、子や孫に背負わせたくない」。被爆者としての責任と呪縛。戦後72年の今なお葛藤を抱え続ける。

樹徳高ダンス部が初の地区大会でV、全国へ

 樹徳高校ダンス部が第10回日本高校ダンス部選手権(ストリートダンス協会など主催)の関東・甲信越地区大会でブロック優勝し、16日にパシフィコ横浜で行われる全国大会に出場する。初挑戦での快挙にメンバーは「笑顔で楽しく踊りきりたい」と話している。

資金調達、予想超える額に 11月をめどに起業へ

 除草効果を持つウッドチップモルタル平板の事業化を図り、クラウドファンディング(インターネットによる資金調達)で資金を募った群馬大学理工学部の板橋英之教授(54)は、11月を目途に学内起業する計画だ。資金は目標の50万円の18倍を超える935万円が535人から寄せられ、「予想を上回る支援をいただき、感謝しています」と話している。