カテゴリー別記事: 地域・活動

2コンテスト新設 「祇園」新聞や鉾の曳き違いも

 官民の構成団体で分担する11の委員会から約60人の委員が出席。4月の前回会合で各委員会から募った第50回記念特別事業(予算額800万円)の企画内容や予算の大枠を決めた。

「第二のふるさと」に恩返し

 かつて桐生市内の理容店で修業した男性が“第二のふるさと”に恩返しがしたいと今春から福祉施設を訪れている。芝居や踊り、腹話術などを披露するボランティア。50年前、住み込みで働いて理容師免許を取得、「家族同様によくしてもらった。新川遊園地の街頭テレビが楽しみだった」と振り返る。