カテゴリー別記事: 地域・活動

レトロビルに再生へ 本町五の山亀ビル

改修を始める山亀ビル

 桐生市本町四、五丁目の商店でつくる桐生中央商店街振興組合(茂木理亨理事長)は、桐生大学短大部アート・デザイン学科(小松原洋生学科長)と協力し、まちなかで老朽化した空きビル再生に取り組む。レトロな雰囲気を生かしたユニークな改修で新規出店を促し、中心街の活性化を図るのが狙い。28日から本町五丁目交差点そばの山亀ビルの改修に着手し、アートを生かしたビル再生過程そのものをイベントとして公開する。

「着物で第9」今年も始動 男女約40人参加し発声式

祝典合唱団

 桐生ファッションウイーク(FW)にあわせて行われる「着物で歌おう第九演奏会」の祝典合唱団の発声式が16日夜、桐生市立昭和公民館講堂で行われ、田村稔さんの指導のもと、約40人の男女が声を合わせた。

灯籠流し復活へ 赤岩用水に祈りの明かり

灯籠流し

 お盆の恒例行事を復活させようと、桐生市織姫自治会(須永潤一会長)は15日午後7時から、故人の供養やさまざまな祈りを込めた「灯籠流し」を、同市錦町三丁目の桐生商工会議所裏を流れる赤岩用水で行う。同自治会は現在、参加者を募集している。

戻れ、きれいな砂浜 「海開き」目指し汗をかく

 桐生・みどり・赤堀地区のガールスカウト(GS)有志15人とリーダー4人が13日、宮城県南三陸町歌津地区の長須賀海水浴場を訪れ、地域の子どもたちや一般のボランティアと一緒に、東日本大震災で被災した砂浜を清掃した。

避難家族と交流へ 桐生の群大生ら始動

 東日本大震災や原発事故で桐生市近隣に避難している被災者家族を応援しようと、群馬大学桐生キャンパス(同市天神町一丁目)の学生らでつくるボランティアサークルが始動した。14日には子どものいる避難家族を対象に、バーベキューを行う初の交流会を開催。レクリエーションや科学体験、学習支援で交流を深め、震災2年4カ月後の今だからこそ必要な支援のあり方を探る。