カテゴリー別記事: 地域・活動

ながめ通りで歩行者天国 7日に「七夕祭り」

 みどり市大間々町中心街の通称・ながめ通りで7日、地元商店主らによる手作りイベント「七夕祭り」が開かれる。女性グループ「二丁目おかあちゃん会」(小林利子代表)の主催で、3年目の今年は初めて同通りの110メートル区間を歩行者天国にし、子どもたちの願いをかけた約50本の七夕飾りを展示。新スポーツや生バンド、踊り、飲食の露店などがにぎわいを演出する。

動物園で市民清掃 ボランティア100人汗流す

 桐生が岡動物園(桐生市宮本町三丁目)で6月30日、市民らによるボランティア清掃が行われ、約100人の参加者がごみ拾いや草むしりに精を出した。にぎわう夏休みを前に園内がきれいになり、管理する桐生市役所はもちろん、参加した市民にとってもうれしい活動となった。

そろって優秀賞に 県商店街活性化コンペ

 商店街の活性化を図る斬新で効果的な事業プランを補助する県商店街活性化コンペ事業の公開審査が28日、前橋市の県庁で開かれ、桐生中央商店街振興組合の「桐生まちなか芸術祭」と、ファッションタウン桐生推進協議会産業活性化委員会(FT協)の「桐生コレクション」が、そろって優秀プランに選ばれた。両プランには県から最高70万円が補助される。

末広「スマイルマーケット」 じわり浸透

スマイルマーケット

 桐生市末広町の街角に若者向け雑貨や飲食の出店が並ぶ不定期市「スマイルマーケット」をご存じだろうか。同町で若者向けの店を営む人たちが呼びかけ、昨秋と今春の週末に計4回開いた。回を重ねるごとに出店者や来場者が増え、徐々に浸透し始めている。次回は7月20、21日の予定。「20〜40代が笑顔で楽しめる市にしたい」と関係者は意気込んでいる。

100周年の節目飾るぞ 梅田の八木節「日昇会」

日昇会のメンバー

 桐生八木節連絡協議会に加盟する24団体で最古の歴史をもち、桐生市梅田町に拠点を置く八木節チーム「桐生日昇会」(向田博明会長、22人)が、今年で発足100周年を迎える。大正初期に発足した地域の青年会が前身で、多くの名人を輩出し続ける老舗チーム。来月の技能研修発表会や、50周年を迎える8月の桐生八木節まつりに向け、記念すべき節目を飾ろうと特訓中だ。