カテゴリー別記事: 社会

4年ぶり大雪、最大積雪量は25センチ

 発達した低気圧の影響で、桐生地方は22日午後から雪が降り続け、桐生市消防本部が観測した同本部内(元宿町)の最大積雪量は25センチ(同日午後10時時点)と2014年2月(45センチ)以来4年ぶりの大雪となった。この影響で車のスリップ事故や転倒でけがをする人が相次ぎ、鉄道に運休や遅れが生じた。

けさ相生一で住宅全焼、焼け跡から遺体、住人か

相生一で住宅全焼

 23日午前7時20分ごろ、桐生市相生町一丁目の無職、江原幸夫さん(70)方から出火したと119番通報があり、木造2階建て住宅約90平方メートルを全焼し、約2時間後に鎮火した。焼け跡から1人の遺体が見つかった。この家で1人で暮らしていた江原さんの兄の無職義和さん(75)と連絡が取れなくなっており、桐生署は遺体は義和さんとみて身元確認を急ぐとともに出火原因を調べている。

午後から大雪に警戒を、平地でも最大15センチ予想

 前橋地方気象台は22日朝、県内は同日午後に平野部でも大雪になる恐れがあるとして警戒を呼びかけた。

事故も火災も昨年は過去最少

 桐生警察署管内の昨年(1~12月)の人身交通事故(速報値)は626件、発生から24時間以内の死者は2人、傷者は812人で、件数と傷者は1953年以降の統計史上最少だった前年を更新し、死者は3年連続で最少タイの2人にとどまった。

菱一でけさ住宅全焼、家人2人がやけどで搬送

 27日午前8時19分ごろ、桐生市菱町一丁目、無職、田中敏子さん(73)方から出火したと119番通報があった。木造平屋建て住宅約83平方メートルを全焼し、約50分後に鎮火した。この火事で田中さんが気道熱傷など、40代の長女が手足などにやけどを負い、ドクターヘリで病院に搬送された。