カテゴリー別記事: 社会

国と東電に賠償命令、桐生地区の避難者は「複雑」

 東京電力福島第1原発事故で福島県から群馬県に避難した住民らが、国と東電に計約15億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が17日、前橋地裁であった。原道子裁判長は、津波を予見し、事故を防ぐことはできたと判断、国と東電に総額約3855万円の支払いを命じた。事故をめぐり、国の賠償責任を認めた判決は初めて。桐生地区に避難する原告の一人は「国の責任を認めたのは大きいが、割り切れない思いもある」と複雑な心境を語る。

菱の山火事教訓に、2年4カ月ぶり合同訓練

 桐生市消防本部と県防災航空隊は3日、林野火災に備えた合同訓練を実施した。同訓練は約2年4カ月ぶり2度目。

火災で2.4億円灰に、16年消防白書

 桐生市消防本部がまとめた2016年の「消防白書」によると、管内の火災は広域体制となった1976(昭和51)年以降で最少だった前年に比べ2件増の65件と2番目に少なかったものの、損害額はゴルフ場クラブハウス(新里町)の全焼などで前年より約1億800万円(82%)増の約2億4000万円に上った。

アパート借り切り大麻栽培、新里町のベトナム人ら逮捕

 アパート1棟を借り切り大麻を栽培していたとして、警視庁組織犯罪対策5課は17日までに、大麻取締法違反(営利目的栽培)容疑でベトナム国籍の無職チャン・バン・ミン容疑者(27)=桐生市新里町小林=と妻(22)=伊勢崎市今泉町=を逮捕した。チャン容疑者は「大麻なんて知りません」と否認し、妻は黙秘しているという。

母親とセンターが和解、女児自殺・見舞金訴訟控訴審

 桐生市立新里東小6年だった上村明子さん=当時(12)=が2010年に自殺した問題で、明子さんの母親(47)=栃木市=が独立行政法人日本スポーツ振興センター(東京都港区)に死亡見舞金2800万円の支払いを求めた訴訟の控訴審は17日午前、東京高裁(河野清孝裁判長)で和解が成立した。同センターが遅延損害金を除く見舞金全額を支払うとの和解案に双方が同意したもの。これにより、明子さんの自殺は学校でのいじめが原因だと母親側の主張が全面的に認められた格好だ。