カテゴリー別記事: 社会

酷暑の週末 きょうも高温注意報

読書を楽しむ子どもたち

 桐生地方は11日まで3日連続で最高気温35度以上の「猛暑の週末」となった。12日も桐生市で正午現在34・0度まで上昇。気象庁は最高気温35度以上が見込まれる本県などに高温注意情報を発表、熱中症に注意を呼び掛けている。

グラウンド外でも“ファインプレー” 桐西高球児

 電車内で女性のスカート内を盗撮した容疑者を現行犯逮捕したとして、県立桐生西高1年の日野拓也君(15)=太田市市場町=が6日、栃木県足利警察署から感謝状を贈られた。容疑者のスマートフォンを没収して証拠隠滅を防ぎ、最寄りの交番まで連行するなど、強い正義感と冷静な判断力で性犯罪に立ち向かった“超ファインプレー”に、佐田穣太郎校長は「これほどの勇気と正義感を持った生徒がいてくれて本当にうれしい」と、全校生徒の前で日野君をたたえる考えだ。

災害廃棄物受け入れ 8月5日で終了

 桐生市は17日、東日本大震災で発生した災害廃棄物の広域処理で、岩手県宮古地区からの受け入れが8月5日で終了すると発表した。最終的な受け入れ量は5100トン程度になる見込み。

講演会で熱中症 女子生徒16人を搬送、清流中

 平年より早く梅雨が明けて厳しい暑さが続くなか、桐生市立清流中学校(小林一弘校長、生徒数466人)で12日午後、体育館で行われていた講演会の最中に生徒20人が次々と体調を崩した。保健室などで休んでいたが、過呼吸や熱中症とみられる症状のため救急車を要請。女子16人が計5病院に搬送された。正門付近には保護者や近所の住民が集まり、担架で救急車に乗る生徒らを心配そうに見守った。なお16人はいずれも軽症で、午後6時半ごろ最後に搬送された生徒1人だけ点滴を受けて一夜入院。13日午前に保護者と学校に寄って帰宅した。

30度以上7日連続 梅雨明け後4日も猛暑日

 桐生地方は12日も高気圧に覆われて厳しい暑さとなり、気温は桐生市で午前9時台に30度を突破、梅雨明けの6日から続いている30度超えは7日連続となった。これに伴い、桐生市消防本部管内でも熱中症の救急搬送が増加。7月は11日現在で前年同期の6倍31人に上り、特に梅雨明け以降は28人と急増した。