カテゴリー別記事: 文化・芸能

光と映像の幻想ショー、闇夜に浮かぶ岩宿博物館

 みどり市笠懸町阿左美の岩宿博物館で25日夜、最新の映像技術を駆使したイベント「岩宿ナイトミュージアム」が開かれた。みどり市が市制施行10周年記念事業のクロージングイベントとして企画したもの。建物に映像を投映するプロジェクションマッピングが行われ、日本の歴史を塗り替えた「岩宿」をはじめ、みどり市の文化や歴史を表現した光と映像のショーを大勢の人々が楽しんだ。

桐生織塾休塾へ、相続放棄で土地・建物公売に

 里山に抱かれた古民家で機音を響かせ、貴重なコレクションを公開して織物やアートにかかわる人たちが交流し、子どもたちの体験学習の場ともなっていた桐生織塾(桐生市梅田町一丁目、新井求美塾長)が、6月の企画展を区切りとして休塾する。現在の土地・建物は桐生市が借り上げて創作工房として提供してきたが、所有者の死去に伴い国税局の公売手続きに入る見込みだからだ。「桐生の近代織物工業発祥の成愛社ゆかりの、かけがえのない地」と新井塾長。活動とコレクションの保管場所を探さなければならず、改めて開塾からの時間を振り返っている。

みどり市10周年、光のショーで有終の美

 みどり市は25日、市制10周年記念事業として、同市笠懸町阿左美の岩宿博物館で、最新の映像技術を駆使したイベント「岩宿ナイトミュージアム」を開く。建物に映像を投影するプロジェクションマッピングや、全方向型のVR(仮想現実)動画など、光と映像のショーを展開。日本の歴史を塗り替えた「岩宿」を最先端の技術で照らし、未来を感じさせる一夜限りのイベントだ。

きりゅう映画祭、監督決まる 2作品、主人公は高校生

 短編映画祭・きりゅう映画祭(桐生青年会議所主催)で今年2作品を制作する監督らが決まった。いずれも高校生を主人公にした物語で、春から夏にかけて順次撮影に入る予定だ。

下山静香さん、「スペインに恩返し」プロジェクト実現へ

 「生き方を変えてくれたスペイン、本来の自分を開かせてくれたスペインに恩返ししたい」と、桐生出身のピアニスト下山静香さんが実施中のクラウドファンディング(インターネットサイトを通じた等価交換型の資金調達)が、目標額を達成した。呼び掛けていたのは「スペインの魅力を伝えるプロジェクト」。5月のスペインツアーで行うコンサートや現地の美しい風景を収録するCD、DVDの制作費110万円が、20日までに100%集まり、さらに3月5日午後11時58分まで申し込みを受け付けている。下山さんは3月24日、桐生市市民文化会館小ホールでの市民コンサートに出演、生誕150年のグラナドスなどスペインや中南米のロマンティシズムに満ちた音楽を届けてくれる。