カテゴリー別記事: 文化・芸能

春を呼ぶ浄火の放物線 賀茂神社で御篝神事

 節分の夜に火のついた薪(まき)を投げ合う奇祭「御篝(みかがり)神事」が3日、桐生市広沢町六丁目の賀茂神社(前原貞樹宮司)で開かれ、大勢の見物客らが春を呼ぶ浄火の放物線を見守った。

桐生織塾、街なかのビルへ移転し再稼働

 桐生織塾(新井求美塾長)が梅田の古民家から街なかのビルへ移転し、再稼働しはじめた。今年度に設けられた桐生市新規工房開設補助金の第1号で、毎月第1土曜日には体験教室を開催して、街のにぎわい創出に一役買うことにしている。

桐生市新里町の桂川ちはるさん、準日本キルト大賞受賞

 東京ドームで開催中の「第17回東京国際キルトフェスティバル」。その中で最も来場者の注目を集めるコンテスト「日本キルト大賞」で、みどり市笠懸町にアトリエ兼教室「針仕事Cheers」を構える桂川ちはるさん(59)=桐生市新里町在住=の創作キルト「風青し」が全体の2位に当たる「準日本キルト大賞」に輝いた。

上毛かるた、桐生・みどり市大会で熱戦

上毛かるた 桐生市大会

 桐生市とみどり市で21日、子ども会上毛かるた大会が行われ、熱戦を繰り広げた。桐生市では南地区が小学3・4年、5・6年、中学生の団体3部門を制し、みどり市では笠懸9区が小学校低学年、高学年、中学校の団体3部門で優勝、県大会進出を決めた。県大会は2月4日に、前橋市のぐんま武道館で開かれる。

桐生七福神、30周年で記念スタンプ製作

七福神記念スタンプ

 桐生市内の寺を巡る「桐生七福神」が今年で30周年の節目を迎える。これを記念し、主催者が色紙に押す記念スタンプを製作した。12月までの1年間限定で使用する。