カテゴリー別記事: 文化・芸能

「桐生のオノサト」 6日まで移動大川美術館展

 戦前から新しい絵画の可能性を探求し続け、桐生のアトリエから世界に発信し続けたオノサト・トシノブ(1912~86年)。20代の風景画から最晩年の幾何学的抽象画まで、45点で生涯の画業を振り返る展覧会が3日に開幕した。第29回移動大川美術館展で、会場は桐生市市民文化会館地下展示室。没後30年を経てもきらめき発光し続ける「真昼の絵画」の魅力を堪能できる。

一枚の写真がつないだ縁、齋藤作品「トラック」で初展示

 桐生市琴平町の東群運送本社であす3日開かれる「グングン祭り」で、運送会社ならではのトラックを舞台にした初めての写真展が行われる。1枚の写真がつないだ縁で、同市錦町在住の写真家・齋藤利江さんの作品展示が実現。飲食店や雑貨店など約20ブースが軒を並べる同イベントを盛り上げる。

織塾で半併用銘仙展 ファッションウイーク開幕

 第21回桐生ファッションウイークが28日開幕した。11月6日までの会期中、参加各団体による45の行事が桐生市内の各所で開催される。初日の28日は、桐生織塾の半併用銘仙展など五つの行事がスタートした。

公式ガイド初めて作製、「ものづくりのまち」魅力伝える

 あす28日に開幕する第21回桐生ファッションウイーク(FW、11月6日まで)に初の公式ガイドブックが登場した。FWと桐生の魅力を伝えようと、ものづくりに焦点を当て、参加する作家らをとり上げつつ、会期中の詳しい行事内容を紹介している。

八木節“誕生”100年記念 16日にイベント

 八木節誕生100年を記念したイベントが16日、桐生出身の初代コロムビアローズ(本名松本光世)さんを迎えて開催される。先着50人で、参加者を募集している。