カテゴリー別記事: 文化・芸能

笑顔咲く踊りの輪 桐生八木節まつり

 2日開幕した第50回桐生八木節まつり(協賛会主催)は同日夜、桐生市中心街に設置された各やぐら周辺で八木節踊りが行われ、大勢の市民や観光客らが何層もの輪をつくり、威勢のいい掛け声を上げながら、笑顔で躍動感ある踊りを楽しんだ。4日まで。

神馬駆け抜けみこし渡御、大間々祇園フィナーレ

 みどり市大間々町の中心街で開催している大間々祇園まつり(実行委員会主催)の「本日(ほんび)」である2日、伝統行事の「神馬(じんば)」と「みこし渡御(とぎょ)」が行われた。

半世紀祝い競演 80人超の音頭取り集合

 第50回桐生八木節まつりが2日午前、開幕した。八木節の音頭日本一を決める全日本八木節競演大会の予選が、主催行事のトップを切って桐生市市民文化会館小ホールで開かれ、80人を超える音頭取りが半世紀の節目を祝って競演した。同まつりは4日まで、八木節と祇園祭を核に多彩な催しを繰り広げる。

山車7基、厳かに巡行 おはやし競演会にぎやかに

 大間々祇園まつり(実行委員会主催)が1日午後、みどり市大間々町中心街で開幕した。歩行者天国になった大通りを7基の山車が巡行し、初日夜のハイライト「おはやし競演会」が盛大に行われた。同まつりは3日まで。

まつり中に帰郷ライブ ミュージシャン山田雄也さん

 あす2日に開幕する桐生八木節まつりを、並々ならぬ思いで迎える青年がいる。桐生出身でシンガー・ソングライターを目指して上京中の山田雄也さん(21)。厳しい環境に身を置くために大好きな桐生を離れ、縁もゆかりもない都内でひとり路上ライブを続ける。そんな熱血漢がまつり期間中に初の帰郷ライブに臨む。「冷やかしだっていい。笑われたっていい。泥臭く路上でやってきた叫びをぶつけたい」とハングリー精神むき出しで語る。