カテゴリー別記事: 経済

石蔵に帽子工場、重伝建地区に誕生

 桐生新町重要伝統的建造物群保存地区内に帽子メーカーが開業した。元機料店の石蔵を活用し、帽子職人が麦わら帽子やフェルト帽を手作りで生産する。工場として出発し、来年をめどに直接小売りも始めたい考えだ。

初の粉もんグルメGPにぎわう

 みどり市商工会(関口好一会長)の地域の食文化「粉食」にスポットを当てたイベント「粉もんグルメグランプリ(GP)」が3日、同市大間々町のはねたき広場で開かれた。初開催のイベントで、県内外の35の店や団体が独自に開発した“粉もんグルメ”を食べたいと大勢の人が駆けつけ、食べ歩きを楽しんだ。

下落幅、昨年と変わらず 2016年分路線価

 前橋税務署は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2016年分の群馬県内の路線価(1月1日現在)を発表した。桐生税務署管内の最高路線価は桐生市末広町の「末広町通り」で1平方㍍当たり4万4000円(前年比2・2%減)。下落幅は前年と変わらなかった。県内の標準宅地の平均評価額の変動率はマイナス1・1%(前年は同1・9%)で4年連続で縮小した。

“粉もの”食べつくせ、3日に初の「粉もんグルメGP」

 みどり市商工会(関口好一会長)は7月3日、同市大間々町のはねたき広場で、地域の食文化である「粉食」にスポットを当てたイベント「粉もんグルメグランプリ(GP)」を初開催する。県内外の35の店や団体が独自に開発した小麦粉などを材料にした食べ物を出品し、来場者の投票でグランプリを決めるグルメイベント。テレビで人気のフードファイター「ゆりもり」こと石関友梨さんが登場し、市民と大食い対決するアトラクションも注目だ。

産地収入35億5000万円減、桐繊協まとめ

 桐生産地の繊維関連団体で組織する桐生市繊維振興協会(牛膓章会長)は2015年の「桐生繊維業界の実態」をまとめた。調査対象12団体の1年間の生産高、加工高、販売高を合わせた産地収入は、加盟団体のうち、生産加工高が多い団体で事業規模の大きい企業が退会した影響もあり、218億6296万円(前年比35億5527万円減)となった。