カテゴリー別記事: 経済

ぐんまフラワーパークの新装イルミ、みどり市の企業が演出

 県内屈指の規模と人気を誇る、ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町)のイルミネーション。今季からは、みどり市の企業が演出を手掛けるようになり、これまでなかった演出や県内初の装置も登場。光と映像による幻想的な空間に新たな魅力が加わっている。

ミツバ、中近東へ進出 トルコに合弁で子会社

 ミツバは26日、トルコに現地部品メーカーとの合弁でワイパー部品の生産子会社「ミツバ・テクラス・ターキー・オートモーティブ」を設立したと発表した。同社の中近東進出は初めて。欧州市場向けの生産体制強化に加え、中近東、アフリカ市場の拡大を見据えた。

桐生商議所BCP策定、まず避難訓練

 全国で災害が相次いでいるのを受け、自然災害や大火災など緊急事態に遭遇した場合を想定し、損害を最小限にとどめつつ、中核事業の継続や早期復旧を可能にするためのBCP(事業継続計画)が注目されている。BCPを策定した桐生商工会議所(山口正夫会頭)が19日、活動の第1弾として警察や消防と連携し、避難訓練を行った。年明けには策定セミナーも予定している。

機能訓練にパチンコ活用、「運転機能の維持にも」

 高齢者の機能訓練にパチンコを活用しようと、「グローバルスタンダート」を経営する野口智行さん(34)=桐生市小梅町=が製品開発に挑んでいる。ハンドルを回して玉を繰り出し、画面の表示には足踏みペダルで反応するなど、介護現場の声から生まれた製品は8種類にまで増えた。最近は高齢者ドライバーによる交通事故も目立つだけに、「運転機能の維持などにもつなげたい」と、新たな効果に期待を寄せる。

障害者と地域の共生の場に、大間々中心街にカフェ

 みどり市大間々町で福祉作業所を運営するNPO法人が、同町のメインストリートにカフェをオープンした。自家栽培する無農薬野菜を使ったメニューを提供し、職員と利用者が調理や接客を担う。運営を通じた障害者らの働く場所づくりに加え、地域のふれ合いの場としての定着を願っている。