カテゴリー別記事: 経済

染め工場の平賢、オリジナル手拭い本格展開

 県内で唯一、こいのぼりを染めていることで知られる染め工場の平賢(桐生市境野町三丁目、平田伸市郎社長)がオリジナルの手拭いを商品化した。技術を生かして郷土の素晴らしさを伝えたいとの思いで企画し、「桐生手拭い」と名付けた。社内でデザインし、1枚ずつ手染めする。繊維に関係する多彩な技術が集積し、総合産地と称される桐生だが、手拭いを独自ブランドで本格展開するメーカーはなく、新しい試みだ。

新「みどり市ブランド」認証式、厳選25品で再出発

 みどり市内で製造される優れた地場産品に市がお墨付きを与える「みどり市ブランド」の認証式が23日、市役所大間々庁舎で開かれ、食品19、工芸品6の計25品が新たな同ブランド商品として正式に認められた。

iPad、絵で飾ってみて 「絵画織」技術でケース製作

 絵のように細密な柄を織りで表現する「絵画織」の技術で和装メーカーのアライデザインシステム(桐生市境野町六丁目、新井伊知郎社長)がタブレット端末「iPad(アイパッド)」ケースを製作した。帯以外に用途を広げるため、市販を目指している。

「ソーイングカフェ」あす本六にオープン

 ミシンやアイロンなどを時間制で自由に使える「ソーイングカフェ」が、桐生市本町六丁目のきものリサイクル睡蓮(近藤幸子さん経営)にオープンする。たんすに眠っていたり着ることのできないきもののリメーク教室を主宰するなかで要望を受け、開設に踏み切ったもので、11日から営業を開始する。

「ノルディスク」、桐生に日本初のショールーム

 ワンランク上の道具を求めるキャンプ愛好家らの間で話題のデンマーク製アウトドアブランド「ノルディスク」の代理店があす10日、桐生市仲町二丁目に日本初となる常設型ショールームを開業する。同社の代名詞である「ティピー」と呼ばれる円すい型テントや、世界最軽量をうたう山岳用テントなど、同社の全製品を実際に触れられる。日本中を旅した経営者が桐生にほれ込み、同社製品の魅力を全国に伝える拠点としてこの地を選んだ格好だ。