カテゴリー別記事: 経済

きりゅう映画祭、開幕

 短編映画祭として3年目を迎えた「きりゅう映画祭」(桐生青年会議所主催)が5日、桐生市市民文化会館スカイホールで開幕した。初日の5日は映像作品を一般公募した「きりゅうアワード」の審査通過作品を上映し、審査委員長を務めた映画監督の犬童一心さん(53)へのインタビューも催された。

わ鐵アテンダント「一日体験」に応募続々

 わたらせ渓谷鐵道が先月中旬に始めた制服姿の乗務員「わ鐵アテンダント」の一日体験が好評を得ている。これまでに20代から50代までの幅広い年代の女性12人が体験。沿線よりも県外からの応募が多く、残る体験日5日間もすべて予約が入るほどの人気ぶりだ。列車内での運賃精算やグッズ販売などに奔走した体験者は「大変だったけど楽しかった」と目を輝かせる。

末広通り8・9%減 沼田に抜かれ7位、最高路線価

 前橋税務署は1日、2013年分の群馬県内の路線価(1月1日現在)を発表した。桐生税務署管内の最高路線価は桐生市末広町の「末広町通り」で1平方メートル当たり5万1000円(前年比8・9%減)。前年に続き、県内9税務署管内の最高路線価の中で下落率が一番高く、下落幅も拡大した。県内の標準宅地の平均評価額の変動率はマイナス4・1%(前年同4・5%)で縮小した。

全国から77点応募 きりゅうアワード

 桐生青年会議所(JC、坂本長規理事長)が主催する短編映画祭「きりゅう映画祭」(7月5日、6日)の開催まで1週間に迫った。作品を一般公募した初企画「きりゅうアワード」には全国から77点が寄せられ、このうち審査を通過した7作品が映画祭初日の5日に上映される。

「半生めん」づくり学ぶ 若手うどん店主ら

 桐生うどんの販路拡大と自店舗の販売増につなげようと、若手うどん店主らが25日夜、半生めんづくりの勉強会を開き、14人が出席した。桐生麺類商組合の高田義昭組合長が講師となり、製造法を伝授した。