カテゴリー別記事: 経済

お金出るの? 大雪で大忙し保険屋さん

 14日から15日にかけての大雪に関連し、損害保険の代理店が忙しい。雪害は火災保険で補償される場合が多く、車庫の倒壊で被害を受けた車も車両保険の対象になるためだ。個別の契約内容に応じて事情が異なることから、関係者は「保険会社や代理店に問い合わせてはどうか」と呼び掛けている。

野菜高値 雪で収穫量減る

 記録的な大雪の影響を受け、野菜が値上がりしている。畑の雪が解けず、農家が収穫に入れないためだ。ネギやホウレンソウなど、露地栽培の葉ものを中心に、平年比で3〜5割高、ものによっては2倍の高値に。今週末もまた天気が崩れる予報で、「雪を溶かす雨ならいいが、雪では困る」と、関係者は気をもんでいる。

わたらせ渓鐵、首都圏の接続度アップ

 わたらせ渓谷鐵道(本社みどり市大間々町、樺沢豊社長)は3月15日から、ダイヤ改正を実施する。首都圏に直結する東武鉄道の特急りょうもう号などとの接続を改善し、乗り換え駅での待ち時間を大幅に減らす。消費税率の8%への引き上げに合わせた4月1日からの運賃値上げに先駆けた取り組み。同社は「運賃改定をお願いする前に、利便性向上へ精いっぱい努力したい」と意気込んでいる。

入園者5年ぶり増、桐生が岡動物園

 昨年4月に開園60周年を迎えた桐生市宮本町の桐生が岡動物園(下山達矢園長)の2013年度入園者数が1月末現在で既に24万人を超え、5年ぶりに前年度を上回ったことが6日、同園への取材で分かった。同園は市内外の幅広い世代に親しまれるよう毎月実施している参加体験型中心の60周年記念イベント効果とみており、来年度以降もイベントの開催を重視していく方針だ。

美喜仁、東京進出へ 創業60周年記念

 すし・日本料理店経営の美喜仁(桐生市本町四丁目、坂入勝社長)が1954年の創業から60周年を迎えるのを機に、東京進出を図る。都内での飲食店経営を前提に、築地に支社を設けるもので、4月の設立を計画している。