カテゴリー別記事: 経済

夜市で夕涼み 末広町の街角市が盛況

 桐生市末広町の商店街アーケード下で20、21の両日、20〜40代向けの街角市「スマイルマーケット」が開かれ、キャンドルで通りを飾った20日夜の「きらきら夜市」とともに、大勢の買い物客でにぎわった。

子育て世代に「起業」提案 キッズバレイ

 子どもを核にした地域活性化を掲げるキッズバレイ(NPO法人設立申請中、松平博政代表)は8月10日、桐生地域地場産業振興センターで「群馬ベンチャーサミット」を開く。団体設立後初の事業で、若者や子育て世代に起業という働き方を提案し、地域に雇用を生み出すのが狙い。ビジネスプランコンテストは参加者を公募し、優秀な事業には専門機関が出資する可能性もある。

桐生、群馬代表で参戦 東京で創作めん類コンテスト審査会

若手うどん店主

 全国麺業青年連合会主催の創作めん類コンテストの審査会が10日、東京・神保町の麺業会館で開かれ、12都道県の代表が会場で実際にメニューをつくった。群馬代表として参加した県麺業青年会桐生支部(清水利信支部長)も「トマトdeつけ麺カレー風味仕立て」で参戦した。10月9日に埼玉県さいたま市で開かれる同連合会大会の場で上位5位が発表、表彰される。

トロッコ列車で披露宴、金婚・銀婚式も歓迎

 わたらせ渓谷鐵道(本社みどり市大間々町、樺沢豊社長)は10日、貸し切ったトロッコ列車内で結婚披露宴をする初企画「ウエディングトレイン」を発売すると発表した。コース料理やドリンクにスタッフをそろえ、記念切符作製などの特典が付いたパック商品。11月中旬以降の実施を想定し、金婚式や銀婚式、披露宴をしていない夫婦など、既婚者の利用も歓迎している。

桐生発3Dプリンター 国産初の量産型で起爆剤に

坂口さん

 3次元データを樹脂で立体出力する3Dプリンターは、ものづくりを大きく変えるといわれる。米国製が席巻する中、国産初の本格的量産機として市販が予定される機器は、桐生市出身の坂口信貴さん(39)が企画し、製造も市内という「メードイン桐生」のプリンターだ。製品の販売にとどまらず、地域発の中小製造業の振興や人材育成も視野に入れている。