カテゴリー別記事: 経済

高橋盾さん受賞 毎日ファッション大賞

 桐生市出身のデザイナーでファッションブランド「アンダーカバー」代表の高橋盾さん(44)が、第31回毎日ファッション大賞(毎日新聞社主催)を受賞した。高橋さんの受賞は2001年以来、2度目。1997年には新人賞にも輝いている。10月29日に東京都内で表彰式が行われる。

遊園地で初開催へ キャンドルナイト

 桐生青年会議所(JC、坂本長規理事長)は10月12日、キャンドルナイトを桐生が岡遊園地で催す。過去4回は新川公園で開催していたが、より多くの人が集まり、感動を共有してもらおうと初めて会場を移す。7000個のキャンドルと参加団体の手による造形物、LED(発光ダイオード)で園内を照らすほか、熱気球もあげる。一部の遊具も稼働し、夜の遊園地を楽しめる。

バイクファン2000人みどり市に集結

 バイク部品大手の南海部品(大阪市)主催の愛好家向けイベント「ライダーズミート」が14日、みどり市笠懸町阿左美の桐生ボートレース場で開かれた。東日本では初開催となる同イベント。各種パーツや飲食など68のブースが会場を彩る中、トークショーや撮影会、試乗会などを展開。主催者によると、来場者は午前中に2000人を超え、最終的には3000人以上を見込む。

家電回収で障害者支援 経済的自立へ思い

 障害者の経済的自立を支援しようと、桐生市内の経営者らがNPO法人「equ─alle(エクアル)」を立ち上げ、10日、県に設立申請した。PCを中心とする小型廃家電を集め、仕事として障害者に分解作業を担ってもらい、売却益を給料として還元する。今後は自治会などに協力を呼び掛けて回収の仕組みを整え、桐生発の取り組みとして広げていきたい考えだ。

ゴブラン織りに桐生から新風、共立織物

 色糸で精巧な絵柄を表現するゴブラン織りに、桐生産地の企業が新しい風を吹き込んでいる。老舗織物メーカーの共立織物(桐生市相生町二丁目、岩野武彦社長)はカラフルさが特長とされる織物であえて同系統の色だけを用いることによって斬新なテキスタイルを生みだした。欧米の複数の高級ブランドに取り上げられるなど高い評価を得ている。