カテゴリー別記事: 教育

梅田南小4年生、田名部さんと盲導犬ヘレナに学ぶ

 視覚に障害のある田名部功さん(前橋市在住)が20日、盲導犬ヘレナと一緒に桐生市立梅田南小学校(濁川充校長)を訪れた。4年生の社会福祉体験授業で講師をつとめるためで、子どもたちは見えないことを補う数々の道具にふれたり、田名部さんと卓球や歌を楽しんだり、盲導犬の忠実な動きに感心したり。声をかけることの大切さを実感していた。

桐工建築科、笠懸西部幹線の工事見学

 県立桐生工業高建築科の1年生が19日、みどり市笠懸町内で県が整備を進めている新しい4車線道路「笠懸西部幹線」の工事現場を見学した。立ち入り禁止区域に足を踏み入れ、陸橋や雨水排水の工事を間近で見学。道路工事への理解を深めた。

みんなでケーキ作り、高校生が子供たちに指導

 桐生市立商業高校(閑野泉校長)で17日、クリスマスにちなんだ「桐商ップ・カルチャー教室」が開かれた。生徒たちが講師を務め、地域の人たちと一緒においしいクリスマスケーキ作りを楽しんだ。

給食にねじ類混入、新里共同調理場

 桐生市の学校給食新里共同調理場で14日に調理した「じゃがいものきんぴら」に、ねじ類が混入したまま各学校に配食された。新里東小と新里中央小で児童が食事前に気付いて担任に報告したため、健康被害はなかった。調理した回転がまのふたのねじがはずれて混入したとみられ、桐生市では異物混入時の対策マニュアルの作成や緊急時の連絡体制を確立するとともに、安全点検を徹底して再発防止につとめる考えだ。

菱小で防災教育、300ミリの豪雨児童ら体験

 桐生市立菱小学校で6日、特殊車両を使った防災教育が行われ、約190人の児童が時間雨量300ミリの豪雨を体験、土石流災害の怖さを3D動画で確認した。