カテゴリー別記事: 教育

伝統と誇り 受け継いで 創立110周年の桐女

 県立桐生女子高校(西村琢巳校長)の創立110周年記念式典が27日、桐生市市民文化会館シルクホールで挙行された。明治41(1908)年に旧桐生町安楽土村に開校、県内では高崎女子高校に次いで歴史ある女子高校で、全日制通信制あわせて3万人余の卒業生を送り出してきた。2021年には桐生高校と統合するが、式辞も祝辞にも「桐女の伝統と誇りを受け継いで」「ますますの発展を」との願いが込められていた。

キノピー厚焼き卵おいしいね、「学校給食ぐんまの日」で特別献立

 24日は「学校給食ぐんまの日」。県内、市内の豊かな農産物を子どもたちに味わってもらおうと、桐生市学校給食中央共同調理場では24~26日の3日間、キノピー厚焼き卵や上州きんぴら、納豆、おっきりこみ、こめっこパン、こんにゃくサラダなどの特別献立を提供した。

群大の理工学図書館、入館100万人を達成

 群大理工学図書館(桐生市天神町一丁目、館長・天羽雅昭教授)で24日、入館100万人達成記念セレモニーが行われた。総合情報メディアセンターとしてラーニングコモンズ「Ricomo」を備えた先進的な施設に生まれ変わって約5年半、100万人目は環境創生理工学科4年の塩原大晟さん(21)=桐生市天神町=。突然の拍手に驚いた様子だったが、「自分の人生で経験できるとは」と天羽館長とくす玉を割って、紙吹雪を浴びていた。

日大文理学部と教育連携、桐一校

 桐生第一高校(関崎悦子理事長、久保田信一郎校長)は、日本大学文理学部(東京都世田谷区、加藤直人学部長)と全国初となる教育連携を結び、18日に文理学部本館会議室で調印式が行われた。相互に綿密な協力関係を築き、教育活動の充実やスポーツ・文化交流を深めることを目的としている。

人気カフェと桐商生コラボ、ハロウィーン期間限定パンケーキ

 桐生市立商業高校の3年生が市内のカフェと共同で、ハロウィーンをテーマにしたパンケーキの新メニューを完成させた。協力したのはベッドフォードカフェの桐生店「ガーメント・ディストリクト」(同市浜松町一丁目)と、ハワイアンカフェ&バー「ラウレア」(同市本町五丁目)。生徒たちが持ち込んだ2次元のアイデアを、それぞれの店の調理師がおいしくかわいく3次元化した、期間限定の特別コラボメニューだ。