カテゴリー別記事: 教育

桐商・赤石さん、 2年連続で最優秀賞 県高校英語スピーチコン

 桐生市立商業高校2年生の赤石悠輔さん(16)=情報処理科=が、第34回県高校英語スピーチコンテスト(県商業教育研究会主催)のレシテーション(暗唱)の部で最優秀賞に選ばれ、連覇を果たした。来年1月に東京で開催される全国大会に連続出場する。

稲刈りに八木節に 黒保根小と西町IS、秋の交流

 桐生市立黒保根小学校(柴塚雄太校長)に6日、姉妹校提携を結ぶ西町インターナショナルスクール(IS、東京都港区)の6年生34人がやってきた。黒保根小の4年~6年生26人が迎えて、まずは校舎南側の田んぼで稲刈り。体育館に移って八木節を楽しみ、給食で“同じ釜のめし”を味わって交流を深めた。

桜木中でシンクロの小谷実可子さんが講演

 桐生市立桜木中学校(木村裕一校長、全校生徒249人)で5日、体力向上推進モデル校講演会が開かれ、スポーツコメンテーターの小谷実可子さん(スポーツビズ所属)が「私のシンクロ人生」をテーマに講演した。

3校統合からもう10年、中央中で節目の記念式典

 桐生市立中央中学校(桐生市美原町、今泉周二校長、生徒数283人)で2日、創立10周年記念式典が行われた。西、南、昭和の3中学校が統合して2008年4月に開校した中央中も、すでに1087人の卒業生を送り出して開校10年。体育館で行われた式典では全員で校歌を歌い、節目のときを共有した。

桐生ユネスコ協会が創立70周年で絵画展

 「世界平和は身近な〝宝物〟を大切にする心から」―。桐生ユネスコ協会(北川紘一郎会長)は、創立70周年記念事業として「絵で伝えよう! わたしの町のたからもの」絵画展を開催する。12月9、10日、会場は桐生市本町二丁目の有鄰館煉瓦蔵。桐生市内の小・中学生から作品を募集する。桐生タイムス社共催。