カテゴリー別記事: 教育

さあ2学期 桐生市内の小中学校で始業式

 桐生市立小・中・特別支援学校で26日、始業式が行われ、2学期が始まった。暑い夏休みを経て、ひとまわり大きく、たくましくなった子どもたち。たくさんの行事がある一番長い学期に、勉学に、運動にがんばる。

猛暑吹き飛ばす熱演、桐生市マーチングフェスティバル

マーチング’

夏休み最後の大イベント、桐生広域のマーチングの祭典「第9回桐生市マーチングフェスティバル」が24日、桐生市民体育館で開催され、夏休み返上で練習してきた子どもたちが猛暑を吹き飛ばせとばかりに演奏を繰り広げた。7小学校合同バンドの「聖者の行進」で開幕、小、中、高校、一般の13プログラムが元気に、軽快に、演出にも工夫をこらして披露された。

親子ら館の内外楽しむ 生まれ変わった絹撚記念館へ行こう

スタンプラリーに出発

 今年度から薄紫色の郷土資料展示施設に生まれ変わった絹撚(けんねん)記念館(桐生市巴町、木村宗一郎館長)で22日、夏休みの初企画「絹撚へ行こう!」が行われた。子どもたちに桐生の歴史や近代化遺産を身近に感じてもらおうと実施したもので、参加した親子連れは館の内外を楽しんだ。

相生中が初の金賞 第25回県マーチングコンテスト

相生中吹奏楽部

 第25回県マーチングコンテスト(県吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が18日、県総合スポーツセンターぐんまアリーナで開かれ、桐生市立相生中学校吹奏楽部(堀米心香部長)が金賞を受賞、9月29日に同アリーナで開かれる西関東コンテスト進出を果たした。

給食センター完成、最新のドライ方式 大間々

大間々給食センター

 みどり市大間々学校給食センターの移転・新築工事が完成し、竣工(しゅんこう)式典が8日午前、同市大間々町大間々の同センターで行われた。床に水が落ちない「ドライ方式」など最新鋭の厨房(ちゅうぼう)設備を誇り、同町内の小・中6校に1日計約1900食を提供するほか、災害対応を想定し最大3000食分の生産能力を完備。8月26日の2学期始業式から給食の提供を始める。