カテゴリー別記事: 医療・福祉

医療事故500万円で和解、医療組合議会が臨時会

 桐生厚生総合病院(丸田栄院長)を運営する桐生地域医療組合(管理者・亀山豊文桐生市長)は22日、同病院で組合議会の臨時会を開いた。3年前に起きた医療事故の損害賠償額を決めたほか、職員給料の臨時特例に関する条例案を可決、2012年度事業会計補正予算報告を承認した。

心臓血管外科手術を再開、桐生厚生総合病院

尾崎医師

 桐生厚生総合病院(丸田栄院長)は4月、心臓血管外科医として全国的に活躍している尾崎重之さん(52)を非常勤医師として迎え、心臓血管外科手術を再開した。5日、記者会見で発表した。尾崎医師が確立した「自己心膜を使用した大動脈弁形成術」をはじめ、桐生・みどり地域の病院で実施できなかった心臓血管外科手術全般を月に2、3回のペースで行う。