カテゴリー別記事: その他

イズミ死ぬ、アジアゾウの雌で国内最高齢

 地域住民はじめ、多くの来園者に愛された桐生が岡動物園(桐生市宮本町)のアジアゾウ「イズミ」が4日夕に死んだ。国内のアジアゾウの雌では最高齢の61歳11カ月で、飼育年数は同園最長の53年。長きにわたって親しんできたイズミの死を知り、来園者たちはそれぞれの思い出を話しながら両手を合わせた。

100キロウォーク応援しよう、「桐生通過時に声援を」

 元日のニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝)のコースを歩く「ぐんま100㎞ウォーク」が5月13~14日、桐生・みどり両市を含む県内一周コースで行われる。「競争ではなく自分への挑戦」をテーマに、200人超が参加する同イベントは、今月末まで参加者を募集中。有志らでつくる実行委員会は「70キロ前後で通過する桐生・みどり両市は、参加者の心が折れそうになる区間。ぜひ多くの市民に応援してほしい」と呼びかけている。

桐生でグルメ全国大会 10月に「道―1グランプリ」

 道の駅のご当地グルメ人気ナンバーワンを決める全国大会「道―1(みちワン)グランプリ」の第2回大会が10月28日と29日、桐生市相生町三丁目の同市運動公園で開かれることになった。同市が3月24日に発表したもので、6回目を迎える群馬・栃木・茨城のご当地グルメ大会「北関東三県ウマいもん合戦in桐生」との同時開催。同市は「北関東だけでなく、全国のご当地グルメを楽しめる。集客力のある両イベントのコラボで、観光面を含めた相乗効果に期待したい」と意気込んでいる。

「シェアリングエコノミー」、積田さん「伝道師」に

 インターネット上のサービスを通じ、部屋や駐車場などの空間や衣服など、さまざまな遊休資産を共有し合う「シェアリングエコノミー」を地方に広めるため、内閣官房が「シェアリングエコノミー伝道師」を任命した。第1弾の5人の一人に、桐生市出身の積田有平さん(42)が選ばれた。

桜、咲く 桜木中、中央中で

 全国で最も早く東京(千代田区の靖国神社)で桜(ソメイヨシノ)の標本木が開花した21日、桐生市広沢町の桜木中学校でも桜が開花した。同校の開花は昨年より1日遅い。