カテゴリー別記事: その他

武井さん2位 世界らん展日本大賞

 みどり市笠懸町在住の武井日出雄さん(68)が東京ドームで開催中の「世界らん展日本大賞2014」のディスプレイ審査部門・愛好家クラスで2位に当たる優秀賞を受賞した。作品の「熱情」は富士山をテーマに約2万株の日本のランを使った大作。3年ぶり8度目の挑戦は頂点には届かなかったが、武井さんは「仲間の協力もあり、思い描いた作品はできたので悔いはありません」と話した。

16年ぶり積雪25センチ 桐生地方

 強い寒気と低気圧の影響で、桐生地方は8日未明からほぼ丸1日雪が降り続け、積雪量は桐生市の市街地で約25センチ(本紙調べ)と1998年1月(28センチ)以来16年ぶりの記録的な大雪となった。積雪や路面凍結の影響で桐生地区でもスリップ事故が多発し、転倒で救急搬送される人も相次いだ。鉄道に運休や遅れが生じ、農業用ビニールハウスなどの損壊被害も出た。

雪やまず 16年ぶり大雪の恐れ

 強い寒気と発達中の低気圧の影響で、県内は8日未明から雪が降り、各地で今冬一番の積雪となった。雪は9日まで降り続ける見込みで、16年ぶりに20センチ以上の大雪になる恐れがある。気象庁は交通機関の乱れや路面の凍結などに注意するよう呼び掛けている。

火事なんかに負けない 老舗時計店が営業再開へ

 昨年末のアーケード撤去作業時の火災で店舗兼住宅を半焼した桐生市錦町一丁目の斎藤時計店経営・斎藤実さん(76)と和子さん(72)夫婦が10日から、同店舗裏の物置を手づくり改修した仮店舗で営業を再開する。「“お金に換えられない大切なもの”は燃えずに残った。周囲の人たちの温かさを実感した」「火事なんかに負けられない。70代の再挑戦ですよ」と夫婦は笑顔で前を向く。

春待つ夜空に無病息災の願い 御篝神事

 節分の3日夜、奇祭「御篝(みかがり)神事」が桐生市広沢町六丁目の賀茂神社で行われた。一年の無病息災を願い火のついた薪(まき)が投げ交わされ、春を待つ夜空を赤々と映した。