カテゴリー別記事: その他

利用者200万人 「かたくりの湯」

 みどり市笠懸町鹿の温泉施設「かたくりの湯」の利用者200万人達成記念式典が7月31日、同施設で行われ、200万人目となった原正夫さん(72)=同町鹿=らに花束と記念品が贈られた。

街路灯504基をLEDに 大間々、東の商店街

 みどり市大間々、東両町の商店街にある計504基の街路灯をすべてLED(発光ダイオード)ランプにする計画が始まった。東京電力の電気料金値上げにより、各地区の街路灯組合の負担が重くなっている中、電気代が水銀灯の3分の1程度で済むLEDランプに交換することで、省エネと節約を図る。

普及へローラー作戦、住宅用火災警報器

 桐生市消防本部は、消防法ですべての住宅に設置を義務付けている住宅用火災警報器(住警器)の普及促進を図ろうと、8月から管内(桐生、みどり両市)の実施済みの集合住宅を除く全一戸建て住宅を対象に戸別訪問を実施する。特定の住宅や地域の戸別訪問はあるが、管内全体を“ローラー作戦”で設置啓発を行うのは初めて。

トウモロコシ収穫ピーク 県内有数の産地・笠懸で

 県内有数のトウモロコシ産地、みどり市笠懸町で、6月中・下旬から始まった収穫が最盛期を迎えている。

富士山と長嶋さんの縁、披露宴の打ち掛け手がけた関口さん

 半世紀前に撮影された写真を手に、みどり市笠懸町阿左美の関口(旧姓・佐々木)いと子さん(76)は深い感慨に浸っている。写真に写っているのは、富士山の刺しゅうが施された打ち掛けと、刺しゅう職人として働いていた、若かりしころの自分。打ち掛けは“ミスタープロ野球”長嶋茂雄氏の結婚披露宴で新婦が身にまとったもので、納入直前、記念に撮影された。当時の加工作業を振り返りながら関口さんは「長嶋さんは国民栄誉賞をもらうし、富士山は世界遺産に登録されるし、私にも何かいいことあるかしら」と笑顔で話している。