カテゴリー別記事: その他

玄孫の幸せ双子で倍増、自身も双子

 子、孫、ひ孫、玄孫(やしゃご)。分かりやすく言えば孫の孫、本人から数えると5代目にあたる。その初めての玄孫を双子で授かる幸せを実感しているのが、みどり市大間々町大間々の松嶋フヂ子さん(93)。自身も双子だっただけに、双子の玄孫誕生の知らせに「うれしくて涙が出た」と振り返る。「元気に育ってほしい。望むのはそれだけ」と、健やかな成長をひたすらに願っている。

20年前の贈り物、放浪画家の置き土産

 ふらりと店に立ち寄った旅のおじいさんが、親切にしてくれたお礼にと描き残した1枚の絵。そのお気に入りの絵が約20年後、著名な放浪画家の作品だと分かる─。そんな物語のような出来事が現実にあった。絵を贈られたのは、みどり市大間々町浅原で「そば処(どころ)ふくおか」を営む星野由美子さん(66)。「この絵は心を落ち着かせてくれる大切な宝物」と語り、同市立福岡中央公民館が3日に行う初企画「わが家のお宝展」で初披露する。

増水の急流、イノシシ泳ぐ

 28日朝、桐生市境野町五丁目に住む津久井明さん(61)が、台風27号の影響で増水した桐生川を泳ぐイノシシを見つけ、写真に収めた。

世界2位 ミツバがモーター提供の東海大

 世界最大級のソーラーカーレース「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ2013」がオーストラリアで行われ、世界各国から39チームが参加した。日本からは6チームが参戦し、ミツバの駆動モーターとコントローラーを搭載した東海大学チームが2位に輝いた。

電話応対“群馬一” みどり市役所の山洞さん

 第27回電話応対コンクール群馬県大会(日本電信電話ユーザ協会群馬支部主催)で、みどり市役所社会福祉課主事補の山洞貴子さん(24)=同市笠懸町阿左美=が優勝した。同市役所は3年前から研修の一環として新入職員全員を同コンクールに出しており、山洞さんは同市職員で初めて地区予選を突破、そのまま県の頂点に上りつめた。山洞さんは11月に仙台市で行われる全国大会に群馬代表として出場し、電話応対の日本一をめざす。