カテゴリー別記事: 地域のニュース

3氏とも「無償化」言及、子育て・教育─3候補の政策比較

 衆院選(22日投開票)で群馬2区に立候補している自民党前職の井野俊郎(37)、共産党新人の長谷田直之(61)、希望の党公認で前職の石関貴史(45)の3候補に桐生タイムス社が行った政策アンケート。後半は、国政の重要課題になっている「働き方改革」や、人口減克服に向けた「地方創生」の処方箋、子育て・教育政策、そして北朝鮮への対応について、それぞれ主張を聞いた。

21日に創立20周年記念式典、FT桐生推進協

 ファッションタウン(FT)桐生推進協議会(会長=山口正夫桐生商工会議所会頭)が1997年の創立から20周年を迎えた。桐生商工会議所会館ケービックホールで21日、記念式典を開くほか、記念事業としてマフラーとストールのショーを催す。

増税使途変更に三者三様、3候補の政策比較

 衆院選(22日投開票)で争点になっている政策について、桐生タイムス社は群馬2区の3候補にアンケート調査を行い、計8項目の政策に対する考え方を聞いた。安倍政権が意欲をみせる憲法9条改正については、自民党候補が賛成、野党2候補が反対の立場を表明した。消費増税の使途変更については野党2候補が「信用できない」「増税自体に反対」と否定的な見方を示した。

ウマいもん合戦はアイドル合戦!?

 “声優”と“元子役”という別々の特徴をもつ桐生ゆかりの二つのご当地アイドルが、28、29日に桐生市運動公園(相生町三丁目)で開かれるご当地グルメ大会「北関東三県ウマいもん合戦in桐生」のステージイベントで、相次いでデビューすることになった。ご当地グルメだけでなく、桐生ゆかりのご当地アイドルをめぐる“合戦”にも注目だ。

“走るメッセージ”、独自ヘッドマークが人気 わ鐵

 わたらせ渓谷鐵道(本社みどり市大間々町、樺沢豊社長)が先月始めた取り組みで、自らデザインしたヘッドマークを実際の運行列車に掲出する新サービスが人気だ。先月には雑誌社の特集を兼ねた第1弾を掲出したほか、今月も11日以降、個人や雑誌社ら3件の掲出が相次ぎスタート。今後は誕生日祝いやプロポーズなどでの一般利用を見込んでおり、同社は「“走るメッセージ”を活用してほしい」と呼びかけている。