カテゴリー別記事: 地域のニュース

ピアニストの下山静香さん、初のエッセー集と10枚目のCDを発刊

 スペイン音楽の専門家として演奏に講演、執筆、ツアー引率にと活躍中のピアニスト下山静香さんが、初のエッセー集と10枚目のCDを発刊した。著書は「裸足(はだし)のピアニスト―スペインで学んだ豊かな表現と生き方―」(ヤマハミュージックエンタテインメント)、CDは今年5月に「スペインで一番美しい村」とされるアルバラシンの教会で収録したもの。ふるさと桐生での恒例クリスマスお茶会も今年はこれを記念、12月11日に開催される。

旧本町二丁目郵便局舎、蔵造りいかし修理再生

 桐生新町重要伝統的建造物群保存地区内で本町通りに面した旧本町二丁目郵便局の外観が修理され、土蔵を改造したモダンな建物がよみがえった。来年は内装工事をする予定で、所有者の高木一彦さん(60)=本町二丁目=は「飲食業以外で入居者を募集しています」としている。

桐生市出身の木村巡査長、ニューイヤー駅伝の先導隊員に抜てき

 茨城県ひたちなか市で開かれた第48回全国白バイ安全運転競技大会(警察庁主催)で、群馬県警交通機動隊(交機隊)の木村允宣さん(29)=巡査長、桐生市相生町出身=が、ペアを組んだ利根川由樹さん(28)=同、前橋市出身=と初出場した団体2部で3位入賞を果たした。木村さんは個人総合でも9位に入った。同隊の入賞は団体、個人総合ともに3年ぶり。2人は来年1月1日の第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)1~3区間の先導白バイ隊員に抜てきされた。

桐生市八木節教室が発表会、「いつか本五の櫓で」

 桐生市が受講者を公募して行う恒例の八木節教室の成果発表会が11月30日夜、同市市民文化会館小ホールで開かれ、全10回中7回以上受講した修了者数は過去最多の147人に上った。笛と音頭の部にそれぞれ初参加した男子中学生2人組は「講師が上手なので成長できたと思う」と満足そうな表情。「いつか(桐生八木節まつりで熱狂する)本町五丁目の櫓(やぐら)の上で演じたい」と夢を語った。

温かい思いあふれ 布の絵本全国コンクール、展示はじまる

 第10回手づくり布の絵本全国コンクール「布地は母の肌につぐ第2の出合い」が1日、桐生市本町二丁目の有鄰館煉瓦蔵で始まった。人々の記憶、それぞれの街への思い、子どもたちへの愛にあふれた59作品が来場者の心を温めてくれる。