カテゴリー別記事: 地域のニュース

院生が中学で授業 理科力向上お手伝い

質問する生徒たち

 中学生の理科力アップを図る「サイエンスドクター」事業が、桐生市教育委員会と群馬大学理工学府の連携で始まった。試行期間の今年度は化学と機械が専門の博士課程大学院生2人をサイエンスドクターとし、中央中清流中梅田中の3校で授業実践に入る。11日には夏休みの自由研究に向けて、課題や実験、レポートの書き方など、例を示してアドバイス。希望者は大学の研究室で実験することもできるとあって、目を輝かせる生徒もいた。

桐生、群馬代表で参戦 東京で創作めん類コンテスト審査会

若手うどん店主

 全国麺業青年連合会主催の創作めん類コンテストの審査会が10日、東京・神保町の麺業会館で開かれ、12都道県の代表が会場で実際にメニューをつくった。群馬代表として参加した県麺業青年会桐生支部(清水利信支部長)も「トマトdeつけ麺カレー風味仕立て」で参戦した。10月9日に埼玉県さいたま市で開かれる同連合会大会の場で上位5位が発表、表彰される。

野球少女集まれ 小学女子チーム結成へ

 「野球をプレーしたい女の子、集まれ」─。群馬県野球連盟の呼びかけで、小学生を対象にした桐生市初の女子野球チームが、今年中をめどに結成されることになった。現在、桐生近隣から広くメンバーを募集している。「野球をやってみたい女の子、ぜひ参加を」と呼びかけている。

トロッコ列車で披露宴、金婚・銀婚式も歓迎

 わたらせ渓谷鐵道(本社みどり市大間々町、樺沢豊社長)は10日、貸し切ったトロッコ列車内で結婚披露宴をする初企画「ウエディングトレイン」を発売すると発表した。コース料理やドリンクにスタッフをそろえ、記念切符作製などの特典が付いたパック商品。11月中旬以降の実施を想定し、金婚式や銀婚式、披露宴をしていない夫婦など、既婚者の利用も歓迎している。

猛暑直撃、熱中症に注意 30度超え4日連続

猛暑対策のグッズ

 「梅雨明け十日」の熱暑に見舞われる桐生地方は9日、最高気温が4日連続で30度を突破した。「猛暑日」となった8日には、児童や高校生ら計11人が熱中症の疑いで救急搬送された。前橋地方気象台からは高温注意情報が発表されており、桐生市医師会は、こまめな水分補給などを呼びかける。また、ドラッグストアなどでは「即効性のある暑さ対策グッズ」が売れているという。