カテゴリー別記事: 地域のニュース

「まつり週間」に突入 1日大間々、2日桐生開幕へ

大のぼり

 桐生広域の二大まつりである「桐生八木節まつり」(8月2~4日)と「大間々祇園まつり」(1~3日)が今週後半に相次いで開幕する。50回の節目を迎える桐生八木節まつりは28日朝、高さ20㍍を超える桐生祇園祭の大のぼりが6年ぶりに登場。29日朝には祭神を迎える御旅所(おたびしょ)の地鎮祭が行われ、八木節やぐらの設置も各所で始まった。大間々祇園まつりも同日中に祭神を迎える仮宮が完成予定で、祭神と来客を迎える準備が着々と進んでいる。

「充実の笑顔」見つけた 小学生が仕事体験

消防士体験

 桐生市立商業高校ビジネス研究部(阿部華奈部長)主催のイベント「キズナフェスタ2013」が28日、桐生市本町五丁目のジョイタウン広場などで開かれ、大勢の子どもたちが職業体験型イベント「小学生お仕事体験」やステージイベント、模擬店などを楽しんだ。

登録文化財の会発足へ 保存・活用へ連携図る

 登録文化財の保存と活用を図るため、所有者や研究者、建築業者らが連携しながら活動していこうと、「ぐんま登録文化財の会」が発足する。26日に県生涯学習センター(前橋市文京町)で準備委員会が持たれ、9月に設立総会を開くことになった。発起人の北川紘一郎さん(桐生市本町一丁目、無鄰館館長)は「登録文化財に関心を持ってもらい、官民みんなで知恵を絞っていきたい」としている。

樹徳敗れる 前橋育英に先制も

準決勝・樹徳ー前橋育英戦

第95回全国高校野球選手権群馬大会は27日、敷島球場で準決勝2試合を行い、第1試合で樹徳が前橋育英に1—5で敗れた。前橋育英は夏は初の決勝進出。21年ぶり3度目の甲子園出場を目指した樹徳は、初回に3安打を集めて先制し、三、四回にも得点機を作ったが、前橋育英の好投手・高橋を攻め切れず、4年ぶりの決勝進出はならなかった。

普及へローラー作戦、住宅用火災警報器

 桐生市消防本部は、消防法ですべての住宅に設置を義務付けている住宅用火災警報器(住警器)の普及促進を図ろうと、8月から管内(桐生、みどり両市)の実施済みの集合住宅を除く全一戸建て住宅を対象に戸別訪問を実施する。特定の住宅や地域の戸別訪問はあるが、管内全体を“ローラー作戦”で設置啓発を行うのは初めて。