カテゴリー別記事: 政治

「子供の遊び場」など課題、桐生市民の声アンケート

 桐生市は24日までに、7月に実施した「市民の声」アンケートの調査結果を示した。2年前の前回調査時に基本調査項目で最低だった「働く場」の満足度が改善した一方、「公園や子供の遊び場」などの満足度が同項目中最低となった。亀山豊文市長は「市有施設の老朽化による不満が出ている。一方で、働く場の満足度が改善しており、より充実して市民要望に応えたい」としている。

交付金1961万円「過大受給」、大間々給食センター建設で

 みどり市教育委員会は19日午前の市議会総務常任委員会で、市大間々学校給食センターの建設に充てた国の交付金について、算定方法を誤ったため1961万円を過大に受給していたと、会計検査院から指摘されたことを報告した。今後、過大分の交付金の返還を求められる可能性があるとして、市教委は「算定を誤った原因を検証し、再発防止に努めたい」としている。

桐生市、“政策検討会議”を新設

 桐生市の亀山豊文市長は17日の定例記者会見で、2017年度の当初予算編成方針に示した「部局間連携の強化」の具体策として、部局を超えて重点施策の情報共有と協議を深める「政策検討会議」を庁内に新設することを明らかにした。部局長以上と企画・財政担当職員で構成し、31日に初会合を開く。亀山市長は「部局を超えた全庁で一つのものをつくる意識で予算編成したい」と語った。

はねたき広場、来春完成へ今月着工、みどり市

 みどり市大間々町の渡良瀬川・高津戸峡そばにある通称「はねたき広場」の整備が近く本格化する。各種イベントに使われている市有地に加え、北側に隣接する私有地(旧資材置き場)を市が取得して一体的に整備するもの。ステージになるウッドデッキを常設した芝生の空間を中心に、ベンチや休憩スペースを配した多目的広場にするほか、災害時の広域避難場所や仮設住宅予定地など防災拠点の役割ももたせる計画。10月中の着工、来年3月の完成をめざす。

小倉唯さんがみどり市の観光大使に

 みどり市は14日、同市出身の声優で歌手の小倉唯さん(21)に市の観光大使を委嘱すると発表した。22日に同市役所笠懸庁舎で委嘱式を行う。アニメやゲームのキャラクターの声で絶大な人気を誇る“アキバ系”のアイドルを通じ、市の知名度アップを図りたい考えだ。