カテゴリー別記事: 政治

まず2カ所で0・5メガ みどり市太陽光発電

 みどり市が今年度から着手する太陽光発電事業で、初年度はまず笠懸町久宮の調整池と大間々町塩原の資材置き場の市有地2カ所を活用し、最大出力計500キロワット(0・5メガワット)の太陽光発電パネルを設置する方針を固めた。一部で私有地の購入も伴うことなどから、順調にいけば10月にも発電を始め、来年3月までの半年間で1110万円の売電収入を得たい考えだ。

定住促進じわり浸透、空き家バンク成約50件突破

 桐生市が定住促進策の一環として都会や市外からの移住などを希望する人たちに向け、市ホームページ(HP)に開設している「空き家・空き地バンク」で成約件数が今年度に入って50件を超えた。本腰を入れてから丸5年での達成。登録件数も2日現在で130件と3年前に比べても2・6倍の増加。担当の観光交流課では「移住希望者は確実にいるので、その人たちが桐生市の情報を得られやすくする工夫や物件の充実を図っていきたい」としている。