カテゴリー別記事: スポーツ

前橋FC、米ダラスカップで優勝、地元3選手貴重な経験

 サッカークラブ前橋FCのU15(15歳以下)チームが今月15日まで米国ダラス市で開催された第38回ダラスカップで優勝した。桐生・みどり在住の3選手も参加し、米国やメキシコ、ドイツなどのクラブチームと6戦し、栄冠を手にした。前橋FC・U15は一昨年、昨年に続く3度目の参加で、関係者によると、U15のカテゴリーで日本チームが優勝するのは初めてという。3選手は「別の国の選手は当たりが強い。この経験を今後に生かしたい」と異口同音に話している。

大矢選手、代表デビュー なでしこジャパン

 サッカー女子、大矢選手が代表デビュー―。みどり市笠懸町出身で、愛媛FCレディース(なでしこリーグ2部)のフォワード大矢歩(おおや・あゆみ)選手(22)が9日、熊本市のえがお健康スタジアムで行われた国際親善試合キリンチャレンジカップで日本代表(なでしこジャパン)として後半38分から出場した。短時間ながら左サイドの攻撃的ポジションで躍動し、シュートも放つなど積極的なプレーを見せた。試合は日本代表がコスタリカ代表に3―0で快勝した。

地元から初「なでしこ」、笠懸出身の大矢歩選手

 みどり市笠懸町出身で、女子サッカーなでしこリーグ2部「愛媛FCレディース」のフォワード大矢歩(おおや・あゆみ)選手(22)が、サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」に選出された。U―23(23歳以下)日本代表などに選ばれたこともあるが、フル代表は初めて。桐生・みどり地域からサッカー日本代表に選出されるのは、男子の故松田直樹さん=当時横浜F・マリノス=以来。「なでしこジャパン」は9日開催の熊本地震復興支援の国際親善試合(コスタリカ戦)に臨む。

来月プロ転向の本藤咲良選手、野村建設工業所属に

 テニスプレーヤーの本藤咲良選手(18)が4月からプロに転向し、野村建設工業(桐生市広沢町一丁目、野村篤社長)に所属することが決まった。桐生市内の企業に所属するプロテニス選手は初めて。桐生タイムス社を訪れた本藤選手は「今年は国内外の大会で勝ち進み、世界ランキングに入ることが目標」と新たな挑戦に目を輝かせた。

桐一ラグビー新2年生コンビ、NZへ協定締結後初の留学

 桐生第一高校(桐生市小曽根町、久保田信一郎校長)は15日、ニュージーランド(NZ)のラグビー強豪校・バーンサイド高校との友好協定締結後初の留学生出発式を同校の校長室で開いた。留学するのは4月から2年生となる同校ラグビー部の新井穂(みのり)君(16)=大間々中出身=と齊藤誉哉(たかや)君(16)=伊勢崎二中出身=の2人。「ラグビーの本場NZで身も心も成長したい」と目を輝かせる。