カテゴリー別記事: スポーツ

サヨナラで桐一優勝、稲川杯初代王者に

 夏の甲子園出場を目指す桐生地区8高校の硬式野球部が覇を競う「稲川東一郎杯桐生地区高校野球交流戦」の決勝が14日夜、桐生市相生町三丁目の桐生球場で行われた。リードする桐生第一高校に桐生高校が3度追いつく大熱戦。最後は桐一が粘る桐高を振り切り、4―3のサヨナラ勝ちで稲川杯の初代王者に輝いた。桐一の槻岡和樹・同大会主将(3年)は「記念すべき大会に優勝できてうれしい」と笑顔で語った。

「稲川杯」あす決勝、“新旧王者”桐高と桐一が激突

 夏の甲子園出場を目指す桐生地区8高校の硬式野球部が覇を競う「稲川東一郎杯桐生地区高校野球交流戦」の決勝戦があす14日午後7時から、桐生市相生町三丁目の桐生球場で行われる。桐生高校と桐生第一高校が稲川杯をかけて対戦する。大会に名を冠する稲川監督が率いた桐高か、平成以降の桐生高校野球界をけん引してきた桐一か、稲川杯の初代王者がどちらになるか注目される。

球都の歩み、球場で紹介 写真や年表、パネルで展示

 稲川東一郎杯桐生地区高校野球交流戦でにぎわう桐生球場(桐生市相生町三丁目)の正面玄関に、“球都桐生”が生んだ名監督やプロ野球選手らを紹介するパネル展示が設置され、訪れる人たちの目を楽しませている。

桐一・新井が日本代表候補に、ラグビー高校生年代

 日本ラグビー協会は5日までに、高校日本代表候補合宿「U18TIDユースキャンプ」の第1次メンバー101人を発表し、桐生地区で唯一、桐生第一高3年のWTB(ウイング)新井滉平選手(17)を選出した。181センチの長身に50メートル6・0秒の俊足で、桐生市生まれの地元ラグビースクール出身という期待の星。現在は右膝を痛めてリハビリ中だが、「早く治して仲間と花園(全国大会)に行く。それを果たして代表入りしたい」と抱負を語る。

あす関東“初陣”、桐一、早実と対戦 高校ラグビー

 第65回関東高校ラグビー大会(関東高体連など主催)の開会式が2日、前橋市内で行われ、3、4の両日、8都県代表の28校がA~Gブロックに分かれて熱戦を繰り広げる。初の関東大会出場となる桐生第一はEブロックに入り、3日午後2時から早稲田実(東京)と同市利根川敷島緑地ラグビー場で対戦する。