カテゴリー別記事: スポーツ

将来の夢は日本代表、初のタイムス杯ラグビー、200人が熱戦

 第1回桐生タイムス杯ミニラグビーフットボール大会が1月31日、桐生市桜木町のさくら遊園で開かれ、桐生、伊勢崎、太田、館林4市を拠点とするラグビースクールに通う幼児から小学生約200人が熱戦を繰り広げた。

桐一、春の夢舞台へ 高校野球

 第88回選抜高校野球大会の出場校32校を決める選考委員会(委員長・八田英二日本高校野球連盟会長)が29日、大阪市の毎日新聞大阪本社で行われ、桐生第一高校の2年ぶり5度目の選抜大会出場が決まった。春夏通算では14回目となる甲子園。選手は同日午後3時すぎ、桐生市小曽根町の同校で高山信廣校長から吉報を告げられ、生徒や保護者、同窓生らと喜びを分かち合った。

現役選手が野球教室、オフ利用し幅広い世代に

 桐生商業高校出身でプロ野球独立リーグ・BCリーグの群馬ダイヤモンドペガサス(DP)現役選手の井野口祐介さん(30)が野球教室を開講する。独立リーグでプレーした米国時代に現役を続けながら地域で活動する同僚らの姿に刺激を受け、自らの引退後も視野に入れて動き始めた。球団との契約やプロアマ協定に抵触しない形で実現させたいと考えている。

広沢中・大澤選手区間賞、都道府県対抗男子駅伝

 第21回全国都道府県対抗男子駅伝は24日、広島市の平和記念公園前発着の7区間、48キロで行われ、桐生市立広沢中学校3年の大澤佑介選手(15)が、中学生のエース区間の2区(3キロ)を走り、トップに躍り出た。8分38秒で念願の区間賞を獲得。ジュニアB優秀選手賞にも選ばれた。

中学生ラガーも花園へ、群馬選抜に桐生から10人

 全国高校ラグビー大会開催中の大阪・花園ラグビー場を主会場に29日開幕する中学生の全国大会「第21回全国ジュニアラグビー大会」。予選を突破して第2ブロック3年連続出場の群馬県スクール選抜(金井奨主将、24人)に、桐生ジュニアラグビースクールから10人が出場する。悲願の初優勝を目指して、29日午前11時半から同ラグビー場第1グラウンドで岐阜県スクール選抜との初戦に臨む。