カテゴリー別記事: スポーツ

広沢が30年ぶり優勝、県少年学童軟式野球大会

 軟式野球の県小学生総体兼JAグループ群馬杯第47回県少年学童大会(県野球連盟など主催)は最終日の11日、前橋市の敷島球場で準決勝・決勝を行った。決勝では広沢子供会(桐生市)が吉岡ジュニアファイターズ(渋川北群馬)に16安打の13―3で五回コールド勝ち。四回裏には2者連続本塁打を含む6連打と爆発し、30年ぶり2度目の優勝を飾った。

西小、1点に泣く 全日本学童野球

 学童野球の「高円宮賜杯第36回全日本学童軟式野球大会」(全日本軟式野球連盟など主催)は8日、東京・明治神宮野球場など6会場で1回戦19試合が行われ、群馬県代表で初出場の西小ファイターズ(桐生市)は、神宮球場の第4試合で宮崎県代表の岡富クラブと対戦し、4―5で敗れた。

西小、きょう岡富(宮崎)と初戦、開会式で堂々の入場行進

 小学生の甲子園とも呼ばれる軟式野球「高円宮賜杯第36回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント」(全日本軟式野球連盟など主催)が7日開幕。初出場となる群馬県代表・桐生市の西小ファイターズ(川井徹平監督、川井泰志主将)は8日午後、宮崎県代表の岡富クラブと対戦した。7日には東京・明治神宮野球場で開会式が行われ、西小ナインも代表旗をなびかせ、堂々と入場行進した。

武蔵途中出場、リオでゴール 五輪サッカー男子予選

 リオデジャネイロ五輪は4日、サッカー男子が開会式に先立って始まり、48年ぶりのメダル獲得を目指す1次リーグB組の日本はブラジル北部のマナウスでナイジェリアと対戦し、4―5で敗れた。2日に登録されたばかりのFW鈴木武蔵選手(22)=桐生第一高校出身、アルビレックス新潟所属=は後半27分から出場。同ロスタイムに左足で五輪初ゴールを挙げた。

武蔵、リオ五輪出場へ サッカー男子日本代表

 日本サッカー協会の霜田正浩技術委員は2日、リオデジャネイロ五輪男子日本代表FW(フォワード)久保裕也選手(ヤングボーイズ)の招集を断念し、代わりにバックアップメンバーのFW鈴木武蔵選手(22)=桐生第一高校出身、アルビレックス新潟所属=を代表メンバーに登録すると発表した。