カテゴリー別記事: スポーツ

Tシャツデザイン決まる 堀マラソン記念品

 来年2月9日開催の桐生市堀マラソン(実行委員会主催)で、「アンダーカバー」代表のファッションデザイナー高橋盾さん(44)による記念品のTシャツとマフラータオルのデザインが決まった。

桐一2度目のV 全国高校サッカー県予選

 第92回全国高校サッカー選手権群馬県大会は17日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬で桐生第一と前橋育英の決勝が行われ、桐一が1—0で育英を下し、2年ぶり2度目の優勝を果たした。桐一は12月30日から始まる全国選手権大会(会場は国立競技場など)に県代表として出場する。きょう18日午後には東京で抽選会があり、初戦の対戦カードが決まる。

“球都の縁の下”に新戦力、中野さん・高橋さん

 野球の盛んな桐生地区。シーズン中は週末を中心に各所で試合が行われ、筋書きのないドラマが生まれている。そこで欠かせないのが審判員。県野球連盟桐生支部審判部の中野良昭さん(22)=桐生市天神町二=と高橋和也さん(18)=同市相生町二=は、若手の少ない審判部の中にあって貴重な存在だ。職場の協力を仰ぎ、先輩のアドバイスに耳を傾け、実践を積み、奥深い審判の術をコツコツと磨いている。

桐一、準優勝 白鷗大足利に及ばず

 第66回秋季関東地区高校野球大会は31日、茨城県のひたちなか市民球場で、桐生第一(群馬2位)と白鷗大足利(栃木2位)による決勝戦が行われた。前日の準決勝で佐野日大(栃木1位)に5─0で完封勝利した桐一と、山梨学院(山梨1位)に3─1で競り勝った白鷗大足利。ともに初の決勝進出となった隣市同士の対決は桐一が3─6で敗れ、初優勝はならなかった。

7年ぶりの“春”濃厚に 桐一サヨナラ勝ち

 来春の選抜高校野球大会の選考資料となる第66回秋季関東地区高校野球大会は29日、茨城県内の2球場で準々決勝を行い、桐生第一(群馬2位)は霞ケ浦(茨城1位)に2―1でサヨナラ勝ちし、30日にひたちなか市民球場で行われる佐野日大(栃木1位)との準決勝に駒を進めた。一方、健大高崎(群馬1位)は準々決勝で山梨学院(山梨1位)に3―4で逆転負けを喫した。桐一は関東地区からの選抜出場圏内となる4強に進出。7年ぶり4度目の選抜出場が濃厚となった。