カテゴリー別記事: スポーツ

樹徳敗れる 前橋育英に先制も

準決勝・樹徳ー前橋育英戦

第95回全国高校野球選手権群馬大会は27日、敷島球場で準決勝2試合を行い、第1試合で樹徳が前橋育英に1—5で敗れた。前橋育英は夏は初の決勝進出。21年ぶり3度目の甲子園出場を目指した樹徳は、初回に3安打を集めて先制し、三、四回にも得点機を作ったが、前橋育英の好投手・高橋を攻め切れず、4年ぶりの決勝進出はならなかった。

樹徳4強入り、27日に前橋育英と準決勝

 第95回全国高校野球選手権記念群馬大会は25日、雨で1日順延となった準々決勝2試合を前橋市の敷島球場で行った。第1試合では東農大二が2─0で関学大付に勝利。また、第2試合では樹徳と太田東が対戦し、樹徳が8─1の七回コールド勝ちを収めた。樹徳は27日に同球場で行われる準決勝第1試合(午前9時)で第1シードの前橋育英と対戦する。

野球少女集まれ 小学女子チーム結成へ

 「野球をプレーしたい女の子、集まれ」─。群馬県野球連盟の呼びかけで、小学生を対象にした桐生市初の女子野球チームが、今年中をめどに結成されることになった。現在、桐生近隣から広くメンバーを募集している。「野球をやってみたい女の子、ぜひ参加を」と呼びかけている。

球児の夏、開幕 入場行進堂々と

 第95回全国高校野球選手権記念群馬大会が6日午前、前橋市の敷島球場で開幕した。開会式では、昨夏の優勝校の高崎商業高校を先頭に入場行進。桐生勢8校も、蒸し暑さを吹き飛ばすように堂々とした行進を見せた。

広沢の清水さん日本代表入り ネットボールアジアユース

清水紗由美さん

 いわばバスケットボールの〝妹分〟にあたる「ネットボール」。桐生市広沢町在住で県立女子大1年の清水紗由美さん(18)がアジアユース選手権日本代表に選ばれた。同選手権はブルネイで30日に開幕。得点が役割の「シューター」を務める清水さんは「シュートを外すと試合の流れも悪くなるので確実に決めたい」と話している。