はたちの約束

 1日の新年号で今春20周年の節目を迎える桐生市市民文化会館を取り上げた▼1997年5月の開館記念式典での第九演奏会から、2014年9月に復活したアトリウムコンサートまで、11枚の写真で振り返る特集。開館した当時はフィルムカメラがまだ一般的で、会社の資料室に眠るネガを探りながら、20年の時の流れを実感していた▼本当は、開館当時を知る職員を中心に話を聞き、「十大ニュース」の形式でまとめようと考えていた企画。しかし、「思い出すのは失敗したことや大変だったことばかり」との職員の声により、断念。10周年の記念誌や過去の新聞記事から、記者が2年に1枚のペースで勝手に写真をピックアップさせてもらった▼実は市民文化会館の歴史は、記者の社会人の歩みと重なる。自身を振り返ってみても覚えているのは喜びや成功よりも、悔しさや背筋が寒くなるような失敗だ。市民文化会館の記事を探して新聞をめくりながら、初めてのことにドキドキ、時にビクビクしていた新人時代を思い出す。20年前に思い描いていた「大人」に果たしてなれたのだろうか▼今年の成人の日は9日。桐生市成人式は8日、市民文化会館を会場に行われる。(野)

関連記事: