三寒四温の季節

 きょうはきのうよりも暖かく、春本番を思わせるような陽気となった。このまま暖かくなってほしいところだが、あすからはいったん平年並みに戻るという。三寒四温の繰り返し、季節は確実に春に向かっている▼民間の気象予報会社などが行っている最新の桜の開花予想によると、関東地方では東京の都心で3月24日から同25日ごろと予想するなど、各地で平年並みか平年よりやや早くなると予想している。このうちお天気キャスターの森田さんが社長を務めるウェザーマップが16日に発表した最新予想によると、最も早いのは東京の都心と横浜市の3月25日、次いで埼玉県熊谷市の同26日。前橋市は同29日、宇都宮市と水戸市は同30日、千葉県銚子市は4月1日となっている▼気象庁によると、今年は異常気象をもたらすエルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生しておらず、今夏にかけては平常の状態が続く可能性が高いとし、これから3月にかけての気温は平年並みかやや高めを予想。このため同社は桜の開花時期も平年と大きくずれることはないとみている▼当地の桜の開花は例年前橋より数日早い。今や遅しとつぼみを眺め開花を待ち望む日もあとひと月だ。(

関連記事: