次善の夢

 ワールドベースボールクラシックたけなわだ。侍ジャパンは1次ラウンドの首位通過が決まり、ますます日本中が熱くなるだろう。選抜高校野球大会も10日午前、組み合わせが決まった。球都の名をいただく街に身を置く者として、競技人口減が続く野球が盛り上がるきっかけになればうれしい▼野球に限らず、スポーツに熱中するのは素晴らしい。さまざまな競技でプレーする子どもたちの少なからずが、きっとプロを夢見ているだろう。現実には、大人になっても本格的に選手を続けられるのは一握り。職業にできるのは、さらにわずかだ▼大好きなスポーツで競技者の道をどこかで諦めるとき、違う夢や目標を自ら探し、すぐに見つけられる人は少数派かもしれない。でも実は、選手や指導者以外にもスポーツに関わることのできる仕事って、意外とあるのだ▼理学療法士やトレーナーなど体のケアに関わる職業が人気だが、それだけではない。球団職員や通訳もあれば、法律やお金の面でプロを支える弁護士や税理士もある。データ分析の専門家も必要とされている▼閉ざされたようにみえて、実はたくさんの道が広がっている。示してあげるのは、周りの大人の役割だ。(

関連記事: