後輩たちに

 「サッカーが楽しいとか、好きとか、うまくなりたいとか、負けて悔しいとか、そういう気持ちを大切にしてほしい」▼1日付「新年特集第3部」で紹介したサッカー女子日本代表の大矢歩さん。昨年フル代表に初選出され、日の丸を背負って出た試合のことを主に聞いた。そこには掲載できなかったが、「桐生・みどり地域のサッカー少年・少女にメッセージを」と聞いてみた。その答えが冒頭の言葉だった▼大矢さんは会社員として働きながら、女子サッカーリーグ「なでしこリーグ」2部(男子で言えばJ2)の愛媛FCレディースでプレーしている。小学生のころは、笠懸84という少年チームに入っていた。「そんな少年チームの後輩たちに声を掛けるとしたら」とも尋ねて返ってきた答えだった▼桐生・みどり地域からサッカー日本代表に選出されるのは、横浜F・マリノスなどで活躍した松田直樹さんに次いで2人目で、女子では初。Jリーグが誕生した1993年当時には想像もできなかった▼来年、大矢選手がワールドカップフランス大会に出場し、パブリックビューイングができたら、きっと盛り上がるだろう。そんなことも思い浮かべつつ、初詣をした。(

関連記事: