いざ、鎌倉

 桐生、みどり両市の小学6年生が次々と鎌倉を訪れている。幕府の一大事にはせ参じた時代とは違い、いまはいたって平和な、修学旅行。社会で鎌倉時代を勉強する時期、「武家の古都」を体で味わう機会になっているだろうか▼その「鎌倉」、地元自治体は世界文化遺産への推薦を取り下げるよう政府に求めた。来月プノンペンで開かれるユネスコ世界遺産委員会を前に、正式審議を免れる形だ。諮問機関が「不記載」を勧告した以上、逆転は困難。しかし撤退ではなく再挑戦のためという▼世界遺産登録の国内暫定リストのうち、鎌倉は彦根城と並んで20年以上の古株だ。「不記載が適当」。日本政府が推薦した文化遺産でこの最低の評価は初めてで、正式に否定されると再推薦できなくなる。石見銀山や平泉よりずっと厳しい判断なのだ▼国内では十分に有名な観光地。来日した外国人ビジネスマンをまず接待するのにも好都合とか。次に控える「富岡製糸場と絹産業遺産群」は地味ながら堅実な近代化遺産で、鎌倉の退避に安堵していることだろう▼やや猫背ながら美男におわす、謎の多い大仏さんや、古都保存法の立役者となった鎌倉文士の旧宅など、ふらりと訪ねてみたくなった。(流)

関連記事: