カワウと市民

 川沿いを散歩しながら、その異様な黒い群れを目撃した人も少なくないだろう。渡良瀬川の高津戸ダムや相川橋、太田頭首工付近などで、川面から首だけ出して漂い、潜水と浮上を繰り返す鳥。魚を狙うカワウだ▼近年、全国的に数が増え、漁業被害が深刻だという。カワウ研究の第一人者である山本麻希・長岡技術科学大助教によると、1970年代には全国で3000羽以下に減って絶滅も危惧されたが、90年代にV字回復し、近年では最大20万羽近くにまで激増したらしい▼江戸時代にはふんを肥料にするなど身近だったカワウ。戦後の河川改修や環境汚染の影響で激減し、コンクリート護岸で逃げ場を失い餌食になる魚が増えたのが急増の一因というから、元凶は人間だ▼カワウが増えすぎると体長3〜35センチ程度の魚は軒並み捕食され、川の生態系が崩れかねない。さりとて全滅させていいはずもない。「カワウも魚も人も共存できる、豊かな河川環境を取り戻す努力が必要」と山本さん▼カワウを見たら一方的に悪者扱いせず、「君も私も同じだね」と、加害者であり被害者である互いの分をわきまえつつ、魚を乱獲しないよう退散願う。川を抱く市民のつとめかもしれない。(成)

関連記事: