粘り強く

 日中の寒さが幾分緩んでいるようなここ数日。花粉症持ちが「飛び始めた」と言っているがどうか▼先日、中学時代の恩師から電話があった。衆院選の区割りがなんとかならないものかという話。周知の通り、桐生市は旧桐生市地区が群馬2区、新里町と黒保根町が群馬1区に分かれている。合併前の“名残”が現在も続いている。みどり市も同じような状況にある▼かいつまんでいうと「いろいろな場面で話があわなかったり、なによりも同じ市なのに選挙区が違うのはおかしいだろ」とのこと。1票の格差是正のための区割り見直しは大きな話題としてとりあげられるが、合併に伴う区割りの見直しについてはあまり聞かない、との意見▼桐生市議会では昨年の6月定例会で「衆議院小選挙区の選挙区割りの更なる見直しを求める意見書」を可決し、国にあげた。恩師の意見のように選挙区がわかれていることで、地域住民の一体感を損なっており、まちづくりにも大きな影響を及ぼしているので、地域の実情を適切に反映する選挙実施のため早期の見直しを要望する、という内容のものだ▼問題解決の道のりは遠そうだが、粘り強く、声をあげ続けていかなければならない。(ほ)

関連記事: