今日の記事: 2017年11月9日

梅田町の護国神社放火容疑で20代の男3人逮捕

 今年6月に桐生市梅田町二丁目(梅田南小近く)の護国神社に放火して全焼させたとして、桐生署と県警捜査1課は8日、非現住建造物等放火の疑いで男3人を逮捕した。

主婦「仲人士」がママ友と婚活支援NPO立ち上げ

 本気で結婚したい人を対象に、出会いから成婚までをサポートする縁結び専門のNPO法人が登場した。仲人のプロ「仲人士」の資格を取得した柳由紀子さん(50)=みどり市笠懸町阿左美=が理事長を務める「ハリカポリー」で、日本仲人協会(東京)加盟の結婚相談所として全国の結婚希望者の情報をもとにパートナー探しを支援する。柳さんは「縁結びを通じて地域を活性化したい」と、桐生・みどり両市や企業などと連携した婚活事業にも意欲をみせる。

飛行機雲

 先週の木曜、会社に戻る道すがらふと空を見上げて、驚いた。飛行機雲がすーっと伸びていた。1本や2本ならたまには見るが、このときはざっと数えて5本以上。微妙に角度をつけて伸びる直線の白い筋が、うっすらあかね色に染まった夕空に、縦横に交差していた▼何だこれ、すげえなあと、まず見た目で驚いた。そして、桐生の上空にはこんなにたくさん飛行機が飛んでいるのだなあと改めて知った。たぶん、行き来している数はふだんとそう変わらないのだろう。薄い雲のおかげで、それがあらわになった。「見えぬけれどもあるんだよ」という金子みすゞの詩を思い出した▼調べてみたらこの日、関東地方では「幻日」や「環天頂アーク」「環水平アーク」といった太陽にかかわる自然現象も見られたという。いずれも太陽光が雲に反射して起こる現象なので、つまり、薄い雲に覆われていた、もしくは上空に水分(氷晶)がけっこうあったということらしい▼いくつもの飛行機雲に驚きつつ、美しいなと思いつつ、正直、何か緊急事態が発生してスクランブル発進でもしたのではないかと心配してしまう自分がいた。こんな不思議な現象を素直に受け止められない、いやなご時世を憂う。(