樹徳高が男女共学に、来年度から募集も男女一括で

 樹徳高校(桐生市錦町、野口秀樹校長)は来年度の新入生から、男女共学に踏み切る。現在は男女別学で、募集定員は男子280人、女子180人だったが、来年度は男女460人を募集する。

 1914(大正3)年に裁縫女学校として創立し、戦後の46(昭和21)年に樹徳高等女学校、50年樹徳高等学校に改称。60年に男子部を設置して、別学制をとってきた。普通科スーパーサイエンスコース(SS)、特別大学進学コース(K)、大学進学コース(S)、総合コース(J)がある。

 新年度は男女460人を募集して共学にし、新2年生、新3年生は別学のままとする。

関連記事: