強い台風9号、関東上陸、大雨・土砂災害に警戒

 強い台風9号は、22日午後0時半ごろ、千葉県館山市付近に上陸し、北上した。県内は最も接近する夕方にかけて雷を伴った猛烈な雨が降り、大雨となる恐れがある。前橋地方気象台は県内のほぼ全域に大雨・洪水警報を発令し、土砂災害や低地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒を呼びかけている。

 台風9号は22日午前10時現在、新島付近を時速20キロで北へ進んだ。中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径70キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 気象台によると、県内は台風9号の接近に伴い風雨が急激に強まり、22日夕方にかけては局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降る見込みだ。23日正午までの24時間予想雨量は多い所で200ミリが見込まれている。また、台風が最接近した後の夕方からは風がさらに強まり、最大風速は16メートル、最大瞬間風速は30メートルの見込みで、強風にも注意を呼びかけている。

関連記事: