女性向け個人旅PR、桐生市「ウーマンフェス」初出展

 桐生市は10、11の両日にさいたま市で開かれる恒例の女性応援総合イベント「さいたまスマイルウーマンフェスタ2016」に初出展する。女性向け個人旅行客をターゲットに、“着物でまち歩き”などをテーマにした桐生観光のPR活動を行う。

 女性が笑顔で輝ける生き方を提案しようと、埼玉県中心の実行委員会が主催する女性向け商品サービス展示会。100社を超える出展団体と2万人を超える来場者を毎年集め、今年で4回目を迎える。

 「おでかけ」「グルメ」「キッズ」「ライフ」「ヘルスケア」「ビューティー」「おしごと」の7分野ある展示ブースのうち、桐生市が出展するのは自治体や観光関係企業など14団体が出展する「おでかけ」ブースだ。

 ツアー客をターゲットにした旅行業者向けの観光PR活動に加え、お気に入りのまちを小人数で旅して楽しむ女性向けのPR活動に力を入れる。

 女性スタッフがブース展示を担当。中心街がにぎわう第1土曜日を中心に着物を着付けてもらっての町並み散策など、桐生ならではの楽しみ方を提案する。

 同フェスタは入場無料。10、11日の午前10時から午後5時まで、さいたまスーパーアリーナで開催する。桐生市ブースについての問い合わせは同市観光交流課(電0277・46・1111内線566)へ。

関連記事: